BTCが南米を救う?アルゼンチンの仮想通貨専門家が見解を発表

昨今、深刻な通貨危機が南米諸国で懸念されており、その中でも厳しい現状に直面しているのが南米の大国アルゼンチンである。
アルゼンチンの法定通貨であるペソの暴落を受け、ペソに変わるものとして現在BTC(ビットコイン)への注目が高まり盛り上がりをみせている。

アルゼンチン出身の仮想通貨専門家であるマイケル・J・ケーシー氏は、現在の状況を念頭に置きビットコインの持つ可能性や効果が同国にどのような影響力を持つかを多様な視点から言及している。
ケーシー氏はまず自身が身をもって経験した、アルゼンチン政府の汚職問題によるアルゼンチン政府への不信感を述べた。この様な経験をしたケーシー氏から見て、「BTCを初めとした様々な仮想通貨の未来はとても明るく、アルゼンチンが今抱えている問題を打破できる可能性は非常に高いであろう。」というのがケーシー氏の意見だ。
特にケーシー氏は 非中央集権性について注目しており、現在アルゼンチンの法定通貨であるペソが持つ価値が暴落している事を鑑みると、国に依存することなく国民が生活していくためにビットコインの持つ価値や価格の安定性は必要なものであると言える。
アルゼンチンだけでなく南米の隣国で同じく法定通貨が暴落しているチリやベネズエラなどでも、各国政府に対する不信感が高まったことでビットコインをはじめとする仮想通貨が現実世界の通貨として認められつつあり今後の南米でのビットコインの動きに注目したいところである。
アルゼンチンでは今年5月に、アルゼンチンの銀行であるBanco MasventasがBitexと提携し、BTCを利用した国際決済及び、送金の開始を発表している。
また同月にはアルゼンチン中央銀行がATMに関する規制緩和を発表し、アルゼンチン国内に4000台の仮想通貨ATMの設置計画も発表されており、アルゼンチン国内の仮想通貨への関心は非常に高い事が伺える。
この記事のURLをコピーする