ティム・ドレイパー、ビットコインを購入する企業としてNetflixに注目

次のビットコイン投資家はNetflix か

ティム・ドレイパー(Tim Draper)氏は、Netflixがビットコインを購入する次の大企業であり、Amazonがビットコインの受け入れを開始できると述べていることが分かった。

人気のベンチャーキャピタリストでビットコインブルのティム・ドレイパー(Tim Draper)氏は、主要なオンラインストリーミングプラットフォームのNetflixが、ビットコイン購入の時流に参加する次の企業になる可能性があると予測した。

「Unstoppable Domains」The Unstoppable Podcast Episode 15: Building a Freer World on Blockchain with Tim Draperより画像引用

ドレイパー氏は、Netflixがバランスシート(貸借対照表)にビットコインを追加する次の候補になる可能性があると述べた。同氏によると、同社の共同創設者兼共同CEOであるリード・ヘイスティングス(Reed Hastings)氏は、Netflixをビットコイン投資家の可能性が高いとしており、ドレーパー氏はヘイスティングス氏の主張を支持し、次のように述べている。

リード・ヘイスティングス氏は非常に革新的な人物であり、創造的な思考をたくさん持っていると思います。彼は今でもNetflixの手綱を握っていると思います。ですから、それが次に大きなものになるかもしれないと思います。


ベンチャーキャピタリストが挙げるビットコイン投資企業

ベンチャーキャピタリストは、FacebookやAppleやGoogleなどの他の主要企業をビットコインに投資する可能性のある候補として挙げている。

しかし、ドレーパー氏は、企業は仮想通貨への投資の代わりに、独自の中央集権通貨を作成しようとしていると述べている。さらに、主要な組織の最高財務責任者の場合、ポートフォリオの一部をビットコインに割り当てるように会社に助言するだろうと述べている。

NEXTMONEYの特集記事「テスラ社、15億ドル相当のビットコイン保有判明でBTC最高値更新=保有額はマイクロストラテジー社に次ぐ」で報じているように、テスラ社によるビットコイン投資以来、どの企業がテスラ社に追随するのかについての憶測が流れるほど、業界内外からの関心も高まっている。

ビットコインに対する組織や企業の関心の高まりは、BTC価格の強気姿勢が主な要因で、「米・MicroStrategy、ビットコインの追加購入計画を発表」や「Square、ビットコインをさらに1億7000万ドルを購入」で報じているように、MicrostrategyやSquareなどの企業は最近ビットコインの保有量を追加している。

次の注目企業はAmazonなのか

次の可能なビットコイン投資企業としてベンチャーキャピタリストは小売大手のAmazonがビットコインの受け入れを開始できると述べました。さらに、ユーザーは仮想通貨を使用してAmazonで製品を購入することができる。

2月中旬、「Amazon、メキシコでデジタル通貨プロジェクト立ち上げ計画=開発者を採用」で報じたように、Amazonはメキシコにて、顧客が現金をデジタル通貨に変換できるようにする新プロジェクトの立ち上げを計画していることから、Netflix だけでなく、Amazonからも当分目が離せそうにない。

テスラ社、15億ドル相当のビットコイン保有判明でBTC最高値更新=保有額はマイクロストラテジー社に次ぐ

2021.02.09

米・MicroStrategy、ビットコインの追加購入計画を発表

2021.03.02

Square、ビットコインをさらに1億7000万ドルを購入

2021.02.24

Amazon、メキシコでデジタル通貨プロジェクト立ち上げ計画=開発者を採用

2021.02.11

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。