HexTrust、イーサリアムNFTのカストディサービスを開始

HexTrust がイーサリアムブロックチェーン上でNFT保管サービスを開始

トークン保管サービスHexSafeで知られるデジタル資産管理者のHexTrust(ヘックストラスト)は、イーサリアムブロックチェーン上でNFT(代替不可能なトークン)の保管サービスを開始したことが新たに分かった。

NFTセーフと呼ばれるこの保管サービスにより、投資家はNFTを同社に保管しながら、NFT取引エコシステムに参加できるという。

今、NFTは仮想通貨市場で高い関心が寄せられているホットワードで、特に今年に入ってからはさまざまな動きがみられている市場だ。実際、NEXTMONEYの特集記事「バンクシー、オリジナル作品「モロンズ」焼却後NFTに変わる」、「Enjin、NFTに無限スケーリングとマルチチェーンサポートをもたらす進化」、「パリス・ヒルトン、すでにNFTリリース=ツイッターで喜びをツイート」で報じたように、今月に入って4日しか経っていないが、すでに著名人や大企業がNFTに関連した動きを見せている。その注目のNFTだが、デジタルアート、音楽、スポーツのハイライト、またはゲーム内アイテムの所有権を表せる一意のデジタルトークンで、各トークンは一意であり、複製または分割できないため、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨とは異なる。

爆発的人気のNFT市場

NFTトラッカーのCryptoSlamによると、NFT市場は最近爆発的に拡大しており、生涯売上高は4億ドルに達しました。

NFTセーフにより、機関投資家はNFTを保護し、市場に接続でき、これらはすべて、Hex Trustの完全に認可された保険付きの保管プラットフォーム内で、市場で最高レベルのセキュリティを備え、完全に準拠した方法で行われるとして、アレッシオ・クアグリーニ(Alessio Quaglini)CEO(最高経営責任者)は公式ブログの中で次のように述べている。

NFTはブロックチェーンエコシステムの不可欠な部分であり、人気が加速しています。NFTによって解き放たれる市場の規模を考えると、可能性は無限大です。需要と市場の成長を考えると、Hex Trustはこのセクターに焦点を合わせ、業界の発展の最前線にとどまることに全力で取り組んでいます。


保管ソリューションに目を向ける理由とは

HexのNFTSafeは、ERC-721とERC-1155の2つのイーサリアムトークン標準をサポートしている。

ERC-721はNFTを作成する最も一般的な方法であり、各トークンが一意であることを指定し、ブロックチェーン上に構築された通常のトークンとは異なるものにする。もう一方のERC-1155は、最近開発されたものであり、ゲーム内でNFTをより適切に機能させることを目的としたいくつかの改善を加えて設計されており、このトークン標準により、一度に複数のNFTを送信する方がはるかに安価になることから高い関心が寄せられている。

NFTセーフはNFTマーケットプレイスとも統合される。これは、投資が自分のトークンを直接管理できないものの、必要に応じてトークンを市場に直接販売できる。これによって、ユーザーは、ユーザー自身のウォレットに避難させる必要がなく、追加のリスクをもたらすとHexTrustの公式声明で語っている。

NFTは他のブロックチェーントークンとは異なるものの、同じ方法でアクセスされ、イーサリアムアドレスを保有しているユーザーは、BAT、AAVE、LINKなどの代替可能なトークンをNFTと一緒に同じウォレットに保存できる。これは、秘密鍵を失うとウォレット内の他のトークンとともにNFTを失うことを意味する。そのため、一部ユーザーが自分のトークンを失うのを防ぐために保管ソリューションに目を向けている理由だ。

バンクシー、オリジナル作品「モロンズ」焼却後NFTに変わる

2021.03.04

Enjin、NFTに無限スケーリングとマルチチェーンサポートをもたらす進化

2021.03.04

パリス・ヒルトン、すでにNFTリリース=ツイッターで喜びをツイート

2021.03.03

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。