企業側が暗号通貨決済をするメリットとデメリット

企業側が暗号通貨決済をするメリットとデメリット

暗号通貨を支払い手段とするお店等も増えてきています。

企業が支払いを受け入れることは、どのような長所があり、短所があるもでしょうか。

長所

  1. 手数料がクレジットやデビットカードよりも安い:ビットコインの手数料はレートにより頻繁に変わりますが、クレジットやデビットカードよりはまだ安いです。
  2. 顧客が増加する:人々が新しいモノを受け入れるには時間がかかりますが、ユニークな決済手段を用いれば顧客は増加します。
  3. 不可逆的なトランザクション:これは長短所の両方がありますが、不正取引を防ぐことができます。しかし、取引の修正等はできません。

短所

  1. 分散システム:取引を故意的に間違えても証拠が残りません。
  2. ブラックマーケット:詐欺等に企業があったとしても、証拠が残らないので、詐欺にあった利益分に対しても税金を納めなければなりません。
  3. キャッシュフローの不安定性:中小企業にとってキャッシュフローの安定性はかなり重要です。

運営の見解

NEXTMONEY

既存企業が今後デジタル通貨へ移行することは避けては通れません。支払い方法として、暗号通貨の使用はより多くのサービスを生成し、顧客満足度を高めると思います。

しかし、そこには否定的な側面もあり、そこをどうクリアしていくかが各企業にとって重要でしょう。

企業としても暗号通貨に対するリテラシーを高めながら、新たな顧客を獲得してもらいたいと思っています。

この記事のURLをコピーする