EIB欧州投資銀行、イーサリアムブロックチェーンでCBDC建てデジタル債券を発行

EIB欧州投資銀行がCBDC建てデジタル債券を発行

EIB(欧州投資銀行)が、パブリックブロックチェーンテクノロジーを使用し、1億ユーロ(約131億7,000万円)の2年債を発行したことが分かった。

欧州連合の貸付部門であるEIBが4月28日(水曜日)、イーサリアムブロックチェーンで史上初の債券を発行したと発表した。発行された債券は1億ユーロの価値があり、2023年4月28日に満期になる。

投資銀行のゴールドマンサックス、バンコサンタンデール、ソシエテジェネラルが同取引の共同リードマネージャーを務め、フランスの法律に準拠する債券の売却を監督していくとのこと。これは、パブリックブロックチェーンテクノロジーを使用した、市場初のマルチディーラー主導のデジタルネイティブトークンの主要な発行となる。EIBのモウリーニョ・フェリックス(Mourinho Félix)副総裁は声明で次のように語っている。

EIBのイノベーションは、私たちがサポートしているプロジェクトを超えています。グリーンおよびサステナビリティ債券市場のグローバルリーダーとして、EIBは、ブロックチェーンでのデジタル債券の発行において現在の道をリードするのに明らかに適しています。これらのデジタル債券は、世界中のプロジェクトの資金調達を後押しするために、銀行が代替の資金源に迅速かつ合理的にアクセスできるようにする役割を果たし、世界中のプロジェクトの資金調達を促進します。

EIBによると、このような債券のデジタル化によって得るメリットには、固定費と仲介業者からのコストの削減、市場の透明性の向上、決済速度の高速化などがあるという。なお、EIBは、イーサリアムブロックチェーンで一連のボンドトークンを発行し、投資家は既存通貨を使用して購入・支払いが可能とのことその後、共同主幹事は、フランス銀行の関与のおかげで、中央資金の代表であるCBDCを使用して発行者に対する引受を解決している。

フランスのメガバンクの一つであるソシエテ・ジェネラル(Societe Generale)のフレデリック・ウデア(Frédéric Oudéa)CEO(最高経営責任者)は今回の動きについて次のように語っている。

発展途上のEU(欧州連合)デジタル資本市場における分散型元帳テクノロジーベースのプロジェクトの魅力を示しています。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。