マルタ大学とマルタ情報技術機構(MITA)が契約し、ブロックチェーン学科を選択する学生に奨学金30万ユーロ(約3,870万円)を提供

マルタでは、教育においてさらなる発展のために仮想通貨とブロックチェーン分野を牽引していく姿勢を見せている。

マルタ大学とマルタ情報技術機構(MITA)は奨学金制度の契約を結び、来年度からICT、法律、金融や工学を選択する学生に向けて、3年間に渡り300,000ユーロ(約3,870万円)が奨学金として支給される。

これは、今後のブロックチェーンとその技術である分散型台帳技術(DLT)の研究において役立つとされている。奨学金については分散型台帳技術(DLT)に直接関連する30以上のコースで利用することができる。

デジタル経済の副大臣であるシルヴィオ・スキブリ氏は以下のように述べた。

学習しやすい環境を提供することにより、必要とされる人材がブロックチェーン企業をマルタに発展させる。

これらの企業は、ブロックチェーン技術を構築していき運用できる技術、金融サービスや法律面、管理を行える人材を必要としている。

我々は、マルタでこの業界が成長していく中で、重要な役割を果たすマルタ人が今後増えていくことを期待している。

大学の広報担当者は、急速に成長し続けている新たな分野で今後の道のりを明確にするためにこの政策に期待していると述べている。

運営の見解

運営の椎木

マルタは、これから世界のブロックチェーン大国になるでしょう。この時期に大きな取引所や暗号通貨関連の規制や学べる環境を整えることで、世界から優秀な暗号通貨の人材が寄ってきます。

これから大きく伸びる史上で、世界共通のものになるような市場ではスピードがすべてをもとめられるでしょう。

目先にお金に捉われずに、技術の先を見据えて行動していく必要が国レベルでいるでしょう。

日本が足踏みをしている間に、アジアの各国も力をいれてきています。

この記事のURLをコピーする