アリババ創業者ジャック・マー氏、「ブロックチェーン技術は製造業に注目を置く必要がある」と発言

中国アリババグループの創業者であるJack Ma(ジャック・マー)氏は、2018世界人工知能カンファレンスにて、人工知能(AI)・ブロックチェーン・モノのインターネット(IoT)と製造業との結合の必要性を説明した。

ジャック・マー氏はIoTや、これらについて次のように述べている。

AI、Blockchain、IoTの分野は製造業と結合させて行かなければ経済を発展させることはできず、無意味なものになってしまう。

さらになぜ製造を行うかという問いかけに次のように続けた。

製造業は中国だけでも約3.1兆ドル(約347兆円)の規模と評価されており、米国やその他の主要経済国は数兆ドルの製造業を展開している。

特にこの3年間で、「スマート製造業」は飛躍的な成長を遂げている。企業がコスト削減のために新たなテクノロジーを利用し製造工程の効率を上げる新たな方法を探し始めている。

ここ数年でハードウェアや機械の製造工程の程んどが変革を遂げてきており、企業は作業の「自動化」に移行してきている。自動化にすることで手動で行っていた既存の操作エラーの防止や作業のスピード化を図るためロボットを使用している。

2016年から分散型システムという概念が様々な業界に浸透してきて以来、多数のブロックチェーン事業を行う会社や開発会社がブロックチェーン技術を利用して物流システムを改善していくことに視野を置いている。

この記事のURLをコピーする