「アメリカのブロックチェーン開発企業の9割は無くなる」と調査結果で明らかに

7月31日、分散型台帳技術・分散型ネットワークである「ブロックチェーン」を開発しているアメリカ国企業の9割は将来無くなっていくであろうということが、アメリカの市場調査会社「Forrester Research(フォレスター・リサーチ)」が調査した結果わかった。

フォレスター・リサーチによると、ブロックチェーンを基軸としたシステムやプロジェクトを扱うアメリカ国企業は2018年で停滞することを予測しており、同社は、ブロックチェーン関連の企業の9割は企業に使用するのは難しいと発表している。

開発者は、ブロックチェーン技術を含む分散台帳を実現するための技術である「Distributed Ledger Technology(DLT)」を取り入れた企業は今現在縮小しているとのこと。

フォレスター・リサーチは2017年、アメリカ企業がブロックチェーンを利用したアプリに対して

2018年にブロックチェーン技術が世の中に変革を起こしていくのはまだ早い。2018年はブロクチェーンの地盤を固める年だ。

と述べている。

運営の見解

運営の椎木

ブロックチェーンの本質を理解して、仮想通貨ベンチャーをしている人が1割いないということですね。

金集めだけしている人がほとんどで、その後の開発やプロジェクトの進行をしていない人が多ですからね。

実際は、もっと少なくなるのではないでしょうか。仮想通貨だけではなく、普通の会社ですら3年も持たない会社が多いですからね。

大きな夢を持ち、世界を変えるつもりで情熱がある会社が残っていくのではないでしょうか。

この記事のURLをコピーする