コカ・コーラが国際フレンドシップデーを記念して初のNFTを発売

コカ・コーラが初のNFTを発売

コカ・コーラ(The Coca-Cola Company)が、国際フレンドシップデーを記念して、初のNFTコレクションの発売計画発表した。

NFTマーケット最大手のOpenSeaと提携し、最新のトークン化された収集品をオークションにかけるとのこと。このオークションは7月30日(金曜日/※UTC午前12:01、日本時間の21:01)に開始し、8月2日(月曜日/UTC午後8時、日本時間の8月3日5:00)の4日間開催される。

コカコーラはオークションで集められた金額が、知的障害および身体障害を持つ子供と大人のための世界最大のスポーツ組織であるスペシャルオリンピックスインターナショナルに寄付されることを明らかにした。スペシャルオリンピックスインターナショナルは、50年以上にわたってコカコーラと提携している団体である。コカ・コーラは今回のNFT発売発表に際し、次のように述べている。

米国、ドイツ、日本からの設計とライセンスのリード、およびVirtueとTafiを含む外部代理店パートナーのクロスファンクショナルな集合体が、プロジェクトを構想と戦略から開発と実行に至るまで実現しました。


コカ・コーラのマルチレイヤーNFT

コカ・コーラによる友情NFTは、4つのレベルを持つ多層トークンとなっている。

レイヤーはフレンドシップボックス内にパッケージ化され、対応するイラストで装飾されており、それ自体がNFTとなっている。このコレクションには、Decentraland3Dバーチャルリアリティプラットフォームで着用できるロック解除可能なバージョンが埋め込まれたカスタムのコカコーラバブルジャケットウェアが含まれている。ジャケットはメタリックレッドとキャラメルブラウンの2色用意されており、クラシックコカコーラのトーンに似た仕様である。さらに、同コレクションには、コカ・コーラASMRのオーディオファイルも組み込まれている。

なお、より詳しい内容については専用ページをご確認ください。

今回の発表に際し、コカ・コーラトレードマークのグローバルシニアブランドディレクターであるオアナ・ヴラッド(Oana Vlad)氏は次のように述べている。

コカ・コーラブランドは、歴史を通じてポップカルチャーにおいて積極的かつ本物の役割を果たしてきました。私たちはNFT、仮想通貨、メタバースを監視してきました。これは、この新たな分野に参加し、そこから学ぶためのタイムリーな機会であると考えています。国際フレンドシップデーは、スペシャルオリンピックスで53年間の親しい友人のために資金を集めながら、コカ・コーラ独自の方法で人々を事実上集める絶好の機会です。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。