仮想通貨カルダノ、大型アップグレード「Shelley」を発表|PoSプロトコルを利用

カルダノブロックチェーンが大きく変わる

今月29日(水曜日)に発表されたオープンソースのスマート契約プラットフォームは、集中型バイロンネットワークから分散型シェリーネットワークへと分岐したイーサリアムの主導的地位に挑戦するように設計されている。

カルダノの変革を支えるチームは、ブロックチェーンの研究開発スタートアップIOHKだ。IOHKのCEO(最高経営責任者)であるチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、カルダノでは5年間にわたって慎重に開発されてきた、「数百」の資産について、1年以内にブロックチェーンで実行されると予想していると述べた。

カルダノのShelley時代はネットワークの成長と発展の時代であり、サービスを中断することなく、スムーズで低リスクの移行を実現するように設計されており、「最適化とセキュリティと堅牢性」を向上させ、より多くのブロックチェーンの使用例を可能にする。

アップグレードでは、ウロボロスのコンセンサスアルゴリズム、つまり、仮想通貨との組み合わせ論、数学的なゲーム理論と実証の株式ネットワークに最新の研究成果を使用して設計しており、PoS(Proof-of-Stake)プロトコルが利用される。

カルダノのメインネットにShelleyを実装することで、ステーキングプールはトークンホルダーに見えるチェーンに登録できるようになり、登録後すぐにプールに委任できるようになる。
PoS委任プロセスでは、カルダノのネイティブトークンであるADAを保持しているユーザーは、ステークプールとコミュニティの採用促進のための報酬システムを導入する。ユーザーはADAを掛けてネットワークへ参加でき、ステークプールへの出資比率を委任する。これによって、ネットワークが「正確に」実行されるようになる。

シェリー時代の終わりになると、カルダノは他の大規模なブロックチェーンネットワークよりも50〜100倍分散化され、インセンティブスキームは約1,000の株式プールに到達するように設計されている。1,000のステークプールが確立されるとコンセンサス均衡に達し、そのうち485が現在稼働している。IOHKによると、Shelleyは、プロジェクトカタリストが年末までに発売されることを期待しており、今後数カ月に渡って実施されるネットワークへの一連の拡張における「最初のステップ」を表している。

カタリスト(Catalyst)はADAユーザーがカルダノブロックチェーンの資金調達提案へ投票できるほか、カルダノコミュニティがソフトウエアの更新、技術的な改善、ネットワークの長期的な将来を含むブロックチェーンの方向性に投票できるようにするガバナンスモデルを導入する。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!