ドバイ、金融機関向けブロックチェーンを利用したKYCツールを拡張すると発表

ドバイが金融機関向けKYCツールを拡張すると発表

ドバイ政府の経済部門は、ブロックチェーンを利用したKYC(Know-Your-Customer=顧客確認)ツールを金融機関向けに拡張すると発表した。

ドバイ経済としてよく知られているDED(Department of Economic Development=ドバイ政府経済開発局)は、DIFC(Dubai International Financial Centre=ドバイ国際金融センター)と提携し、ドバイでのすべてのKYC検証の50%以上を占めるツールを拡張した。

UAEブロックチェーンKYCコンソーシアムは2020年2月に最初に発足。その創設メンバーには、エミレーツNBDHSBCアブダビ商業銀行が含まれている。同コンソーシアムは積極的に成長を続け、2020年7月までに120人以上のメンバーが加入。ドバイエコノミーによると、ドバイでのすべての企業KYC検証の少なくとも半分を処理しているという。

ドバイ経済企業部門のCEOであるアブドゥラ・ハッサン(Abdulla Hassan)CEO(最高経営責任者)は次のように述べている。

2020年の立ち上げ後、プラットフォームは投資家の銀行口座開設手続きを簡素化するだけでなく、銀行が検証済みのKYCデータをデジタルで受信できるようにする上でもますます重要になっています。このイニシアチブは、ビジネスを引き付ける上で、そしてドバイとアラブ首長国連邦のビジネスランキングの世界的な容易さにプラスの影響を及ぼします。


ドバイはプロックチェーンもサポート

一方でDIFCは、ドバイを世界的に頼りになる金融ハブとして位置付けるため、ブロックチェーンなどの新興技術を引き続きサポートすることを約束している。

DIFCのアリア・アル・ザロウニ(Alya AlZarouni)氏はブロックチェーンのサポートについて次のように語っている。

グローバル金融コミュニティは、ブロックチェーンなどの新興テクノロジーを通じて金融の未来を推進することを含む、イノベーションへの取り組みを高く評価しているドバイとDIFCを保持しています。DIFCは、検証済みデータを銀行パートナーと共有するワンクリックブロックチェーンソリューションを最初に立ち上げ、クライアントが企業アカウントを迅速、効率的、安全に開設できるようにしたことで、この分野ですでに成功を収めています。

UAEはブロックチェーンおよびデジタル通貨業界の革新を推進し続けており、ドバイはこの取り組みを主導してきた。最近、ドバイに本拠を置くライセンス局KIKLABBは、ビザと貿易ライセンス料の支払いとして最近デジタル通貨の受け入れを開始。NEXTMONEYの特集記事「ドバイ金融規制当局、セキュリティトークン規制を提案」ドバイ金融サービス局も3月下旬、セキュリティトークン規制を提案したばかりである。

規制当局は現在、提案に関するパブリックフィードバックを4月29日まで受け付けており、採用された場合、新しい規制によってドバイの企業は見込み顧客からのセキュリティトークンでの直接支払い処理が可能になる。

ドバイ金融規制当局、セキュリティトークン規制を提案

2021.04.12

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。