Mastercardが仮想通貨ウォレットと取引のためのカードプログラム強化を発表

Mastercardがカードプログラム強化を発表

大手カード決済企業のMastercardは、仮想通貨ウォレットと仮想通貨取引所のためのカードプログラムの強化を発表した事が分かった。

Mastercarは、パートナーが仮想通貨を従来の法定通貨に簡単に交換できるようにすることを目指しており、これを達成するために、Evolve Bank&TrustPaxos Trust CompanyCircleと協力。公式発表によると、これらのパートナーは、Mastercardが新機能をテストし、より多くの銀行や仮想通貨会社がデジタル資産を使いたい人々にカードオプションを提供できるようにするのを支援。支払い処理業者によるこの発表は、仮想通貨カード支払いの世界的リーダーになるという。当NEXTMONEYの特集記事「Visa決済ネットワーク、仮想通貨が加わる可能性が浮上」、「Visa、イーサリアムネットワークを介したUSDC決済の開始を発表」で報じているように、競合他であるVisaの発表に続き、仮想通貨を他の通貨と同じように使用できるようにすることを約束している。

現在のプログラムでは、Mastercardは、銀行や仮想通貨取扱い業者が既存の支払いネットワークで機能する仮想通貨カードを簡単に提供できるようにすることを目的としている。これは、仮想通貨採用を妨げてきた重要な問題点であり、即時仮想通貨から法定通貨への取引を解決すると同社は主張している。Mastercardの世界展開する大規模加盟店を考えると、このプログラムは世界中で仮想通貨の採用を後押しすることが可能になる。今回の発表にともない、Mastercardのデジタルアセットおよびブロックチェーン製品とパートナーシップのエグゼクティブバイスプレジデントは、次のように述べた。

今日、すべての仮想通貨取扱業者が仮想通貨を従来の法定通貨に変換するための基本的なインフラストラクチャーを持っているわけではありません。私たちはそれを簡単にしています。Mastercardは、Evolve、Paxos、Circle、およびより大規模なデジタル資産コミュニティとの連携を通じて、世界中の人々に支払い方法と支払い時期に関するオプションを提供するという消費者の選択という約束を果たすことを期待しています。


仮想通貨の世界的リーダーVisaに異議を唱えるMastercard

PaxosおよびCircleとのパートナーシップは、この問題点を確実に抑えるのに役立ち、さらに、PAXやUSDCなどのステーブルコインのオンボーディングにより、ユーザーはデジタル資産をステーブルコインUSDCからUSDに即座に交換できるようになる。

現在、多くの機関が最近の仮想通貨への傾向を示しているものの、それらは高いボラティリティと規制の緊張の期間中に遠ざかっているのが現状である。ただし、Mastercardは、規制上の問題を通じて、問題視され、各国の当局によって規制包囲網が迫っているBinanceと、NEXTMONEYの特集記事「VisaとMastercard、規制上の懸念にもかかわらず、Binanceとのパートナーシップを認める」で報じたように、現時点でも強力なパートナーであり続けている。

一方、競合他社側であるVisaは、「カード決済大手のVisa、2021年上半期に10億ドル超の仮想通貨処理が判明」で報じたように、仮想通貨にリンクされたカードの使用量が2021年前半に10億ドル(約1,100億円)を超えたことを明らかにしている。今回のプログラムにより、MastercardはVisa、その支払いネットワーク、および仮想通貨の世界的リーダーであるという主張に異議を唱える恰好となった。

Visa決済ネットワーク、仮想通貨が加わる可能性が浮上

2021.02.02

Visa、イーサリアムネットワークを介したUSDC決済の開始を発表

2021.04.01

VisaとMastercard、規制上の懸念にもかかわらず、Binanceとのパートナーシップを認める

2021.07.16

カード決済大手のVisa、2021年上半期に10億ドル超の仮想通貨処理が判明

2021.07.08

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。