Visa決済ネットワーク、仮想通貨が加わる可能性が浮上

Visa決済ネットワークに仮想通貨の加入浮上

世界最大手級のカード決済企業であるVisaは、仮想通貨をより安全で便利にする力をより向上させるるため、支払いネットワークに仮想通貨を追加する可能性が浮上していることが分かった。

Visaのアル・ケリー(Al Kelly)CEO(最高経営責任者)は、仮想通貨をより安全で、より有用で、適用可能にするために必要なものを持っていると確信しており、将来的に同社ネットワークに仮想通貨を追加する可能性がある事を明かした。同氏は、週末に開催された「2021年度第1四半期決算説明会(fiscal first-quarter 2021 earnings call)」で、同社の投資家に明かしている。仮想通貨への関心の高まりがVisaの注目を集めており、同社はまもなくこのセクターに参入する予定だ。ケリーCEOは、ビットコインをゴールドに例え、通貨というよりは資産であるため、デジタルゴールドと呼んでおり、次のように述べている。

私たちは仮想通貨市場を2つのセグメントで考えています。まず、ビットコインなどの新しい資産を表す仮想通貨。第二に、既存の法定通貨に直接裏打ちされたデジタル通貨またはステーブルコインです。その最初のセグメントのすべての通貨はデジタルゴールドと見なされ、これらは主に、現時点では重要な方法で支払い方法として使用されていない資産として保有されています。


ウォレットや取引所と連携

Visaは、ユーザーがVisa資格情報を使用してデジタル通貨を購入できるよう、ウォレットおよび仮想通貨取引所と連携する予定とのこと。また、ユーザーがVisa資格情報を使用して現金化できるようにし、Visaが受け入れられている7,000万加盟店のいずれかで商品やサービスの支払いを行えるようにしたいと考えている。

ケリーCEOは、crypto.com、BitPanda、Fold、BlockFiを含む35の主要な取引所とウォレットがすでにVisaとの提携を選択しており、彼らの仕事はやや簡単になるだろうと指摘している。同CEOは、仮想通貨が認識された交換手段になりつつあると主張。これにより、すでに160を超える法定通貨をサポートしているネットワークに仮想通貨を追加することが奨励されている。

ビットコインやその他の仮想通貨は、主な金融セクターからますます注目を集めている。初期の頃、金融機関や専門家はビットコインを攻撃し、その中には資産や通貨ではなくギャンブルと呼ぶ人も存在しているほどであった。しかし、JPモルガンやゴールドマンサックスなどの大手金融機関はスタンスを変え、現在では仮想通貨市場に参入するか、顧客にビットコインをポートフォリオに含めるように勧めているほど仮想通貨を取り巻く環境は激変している。

Visaネットワークに参加するビットコインは、世界中の何十億もの人々がVisaチェックアウトポイントでそれを使用できるため、仮想通貨の採用を後押しする可能性が高いとみられている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。