SEC、投資家から1100万ドルをだまし取った罪でBitcoiin2Gen幹部起訴

Bitcoiin2Gen(B2G)関与の3人を起訴

SEC(米国証券取引委員会)は、仮想通貨投資スキームBitcoiin2Gen(B2G)に関与した3人を証券詐欺で起訴しました。

B2Gは、SECが未登録のイニシャルコインオファリング(ICO)と見なしたもので販売された、同社の仮想通貨であるBitcoiinを保有することによって、利益を投資家に約束。規制当局は、Bitcoiinプロジェクト全体で行われた1100万ドル、約11億5,000万円と、Start Optionsと呼ばれる別の資金が、2件の不正な未登録の証券提供を構成すると述べている。SECによると、創設者のクリスティアン・クリスティック(Kristijan Krstic)、プロモーターのジョン・デマー(John DeMarr:55)、ロビン・エノス(Robin Enos)が不正に投資家を誘導したとみられている。

クリスティックとデマーは、2017年12月頃から2018年1月下旬まで、両容疑者がStartOptionsのデジタル資産マイニングおよび取引プラットフォームを宣伝したと主張。証券法の詐欺防止と登録違反の罪で起訴され、エノスは、訴訟支援と利益授受の罪で起訴された。ニューヨーク州東部地区連邦検事局と司法省も、3人のうち、カリフォルニア州サンタナ在住のデマーに対し、証券詐欺を企てた陰謀罪で刑事告発。司法省刑事課のニコラス・L・マックエイド代理は次のように述べた。

被告が仮想通貨市場で大きな利益をもたらすという約束で投資家を誘惑し、個人的使用のために数百万ドルを転用するという精巧な計画を主張。テクノロジーと方法は絶えず変化していますが、あらゆる形態の不正を積極的に追求するという刑事部門の取り組みは変わっていません。

また、ニューヨーク州東部地区の連邦検事代理セスD.デュシャルム氏は次のようにコメントしている。

主張されているように、デマーは、贅沢なライフスタイルを楽しむために、投資家を仮想通貨スキームに数百万ドルを注ぎ込むように説得した不実表示と誤った約束をした。私たちは、投資家をだまして自分のポケットを裏打ちする人々を根絶し、起訴し続けます。


SEC、B2G広告塔だったスティーブン・セガール氏と和解

SECは、NEXTMONEYの特集記事「米証券取引委員会(SEC)が、俳優スティーブン・セガールと和解」でも報じたように、B2Gに関連する容疑で、昨年初めに映画俳優のスティーブン・セガール(Steven Seagal)氏に起訴。その後、和解している。

セガール氏はBitcoiinの注目すべきプロモーター(広告塔)であった。SECは、B2Gをセキュリティと見なし、B2Gの調査は現在も進行中であると明かしている。

セガール氏は、Bitcoiin2Gen(B2G)によって行われたICO(仮想通貨オファリング)で広告塔を務め、現金25万ドルと75万ドル分のB2Gトークンを取得。B2Gのプレスリリースにはセガール氏がB2Gのブランド大使になった記述もされるなど、セガール氏がB2Gと深く関与していたことが積極的にアピールされていた。

米証券取引委員会(SEC)が、俳優スティーブン・セガールと和解

2020.03.02

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。