Alphabit、Stratisと提携|事業拡大目的で2年間の資金提供を約束

アイコン名
テキスト

AlphabitがStratisへ投資でエコシステム構築と拡張を支援

世界初のデジタル資産投資ファンドであるAlphabitは、BasSプロバイダーStratisに対し、BaaSエコシステムの構築と拡張を支援するために、非公式ながら、今後2年間7桁の投資を約束したことが明らかになった。

AlphabitのCEOであるリアム・ロバートソン(Liam Robertson)氏は次のように述べた。

Stratisが投資する優れた企業のすべてのチェックボックスをオンにし、パートナーシップのエコシステム成長に役立つことを願っています。

最近、企業レベルでのブロックチェーンテクノロジーの人気と需要の増加により、ブロックチェーンベースのシステムを展開するサービスプロバイダー企業およびスタートアップとして、多くのブロックチェーンが作成されている。というのも、ブロックチェーンシステムをゼロから構築するためには莫大な費用と時間を要するため、これらのサービスは最近の需要増によって、すでに構築されたシステムを利用することで、企業はスムーズに移行し、多くの時間を節約することが可能になるからだ。

また、StratisのようなBasSプロバイダーは、企業のニーズに合わせ、簡単に展開およびプログラムできるブロックチェーンシステムの開発に関する専門知識を持っており、ブロックチェーン採用を加速させる要因になると考えられている。Stratisは現在、分散型KYCおよびAML検証、サプライチェーン管理、スマートコントラクトを含む一連のエンタープライズグレードのブロックチェーンソリューションを提供している。

StratisのCEOであるChrisTrew氏は、今回の発表に際して次のように語った。

私たちは、世界で最初に規制されたデジタル資産投資ファンドの1つであるAlphabitと提携することに興奮しています。 Alphabetとの提携は、さらなる投資コミットメントと併せて、StratisTechnologiesの採用を加速すると同時に、StratisをMicrosoft.NETBlockchain開発のプラットフォームとして確固たるものにするのに役立つでしょう。