Kraken、Chainlinkノードを立ち上げ|DeFi市場にスポット価格データ提供

KrakenがChainlinkノードを立ち上げ

2011年に立ち上げられた米国拠点の人気仮想通貨取引所Kraken(クラーケン)は、Chainlinkノードを実行し、スポット価格データをDeFiアプリケーションに提供していくことが明らかになった。

Krakenは、Chainlinkノードを実行し、スポット価格データをDeFiアプリケーションに提供する今回の動きが、DeFiセクターのデータアクセシビリティー(※1)を改善し、アプリケーションとプロトコルがより効率的に実行されるのに役立つと公式ブログで説明した。
(※1)データアクセシビリティーとは、いかなる能力や環境、状況にかかわらず、データへのアクセスのしやすさを指す。

専用のチェーンリンクノードは、KrakenがOracleレートを任意のブロックチェーンにブロードキャストするのに役立つ。このノードは、Krakenがデジタル資産を理想的に売買するスポット市場から価格データを取得し、DeFiプロトコルのブロックチェーンに公開するのに役立つという。Krakenは、ブロックチェーンオラクルからの誤ったデータまたは意図的に不正確なデータに起因するDeFiプロトコルの課題の1つである「価格操作」の影響に対抗しようとしていると説明。同取引所は、Oracleレートを通じ、スポット価格を提供することによって、DeFiおよび従来の仮想通貨空間の透明性向上を期待しており、公式発表で次のように述べられている。

当社のスポット価格ベースのOracleレートを使用し、デリバティブ契約、貸付アプリケーション、国境を越えた支払い、ステーブルコイン、自動資産管理プロトコルなど、さまざまな分散型アプリケーションを強化するリアルタイムデータフィードを取得できます。/em>


小さな間違いの場所はもうない

価格操作は、DeFiプラットフォームが直面している最も差し迫った懸念の1つだ。

プラットフォームは操作をブロックチェーンオラクルに依存しており、障害が発生すると重大な問題が発生した場合、不快なキャラクターが他のネットワーク参加者をだます可能性があり、これがChainlinkのようなブロックチェーンネットワークを重要なものにしている理由である。

今月、DeFi貸付プロトコルであるWarp Financeは、Chainlinkのオラクルをサービスの一部として含めることを発表。プロトコルは、プラットフォームでの一連のフラッシュローンに続き、先月ハッキングされており、損失は100万ドルから800万ドル、約1億円~8億円の間と推定されている。

このような背景から、社内の調査チームであるKrakenIntelligenceは、市場参加者がこれらの新しい機会に安全に投資できるよう、DeFi市場における価格操作やその他の脆弱性のリスクに焦点を当てた詳細なレポートをリリースする予定であると述べている。OracleRatesを通じてKrakenスポット価格を提供することは、デジタル資産業界における透明性の向上と信頼の構築に向けた重要なステップだ。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。