IOTAのWordPressプラグインがアクセシビリティーと採用向上の可能性

IOTAがWordPressプラグインをリリース

ウェブサイトがIOTAを受け入れることを可能にする新たなWordPressプラグインがあり、IOTAのアクセシビリティーと採用を増やす可能性が浮上している事が分かった。

CoinMarketCapより画像引用

アイオータ(IOTA/MIOTA)は、50日、100日、200日の移動平均を下回る弱気な領域で取引されており、CoinMarketCapの調べによると、7月22日11時時点のMIOTA価格は、1MIOTA=69円(0.6ドル)前後で推移しており、前日同時刻比で7.84%の上昇だが、1週間で見ると14.46%のマイナスとなっており、時価総額は1,935億円となっている。

ただし、仮想通貨市場ではMIOTAのトレンドが逆転する可能性がある。WordPressを使用するウェブサイトの所有者と開発者は、IOTAコミュニティメンバー@shortaktien(Alexander)氏によって開発された新しいプラグインを介し、MIOTAコインを受け入れられるようになったこのWordPressプラグインは、IOTAの利用のしやすさ(アクセシビリティー)と、採用を増やす可能性がある。Weiss Crypto Ratingsのチームが、IOTA WordPressプラグインをリリースした事によって、その可用性がデジタル資産のアクセシビリティーと採用を向上させる可能性があると結論付けた。

IOTAコミュニティの開発者は、すべてのWordPressサイトがクリックするだけでIOTAを受け入れられるプラグインをリリース。WordPressは世界で最も人気のあるコンテンツ管理プラットフォームの1つであり、利用ユーザーの数も膨大だ。これによってIOTAのアクセシビリティーと主流の採用が増える可能性が見込まれている。

WordPressのIOTAプラグインの詳細

WordPressのIOTAプラグインは、「Pay With IOTA」という適切な名前が付けられており、IOTAボタンを中心に設計されている。

後者はhtmlでコード化されたシンプルなもので、支払いや寄付を受け取ったり、ウォレットのIOTA残高を表示したりするために使用できる。IOTA WordPressプラグインを使用すると、任意のサイト、記事内、ページ内、またはウィジェットとしてIOTAボタンを挿入できる。

すべてのアルトコインと同じように、仮想通貨市場でのIOTAの価格はビットコイン価格と密接に結びついている。そのため、仮想通貨市場におけるIOTAの潜在的な逆転は、31,000ドル(約340万円)を超える理想的な環境を提供するビットコインにかかっていると言える。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。