リップル、ワイオミング州で事業登録される

リップルがワイオミング州で事業登録

ブロックチェーンベースの決済会社RippleLabsが、ワイオミング州で事業を登録したことが分かった。

WSoS(Wyoming Secretary of State=ワイオミング州務長官)の公式サイトによると、Ripple Markets WY LLCのローカルビジネスステータスは、2020年2月に初提出後、アクティブとしてリストされており、ケイトリン・ロング(Caitlin Long)氏は次のように述べている。

日本語訳)
@Ripple、ようこそワイオミング州へ!仮想通貨に優しい法律により、ワイオミングがデラウェアよりも優れた居住地であることを(仮想通貨企業は)認識しています。ワイオミングに移転/再移住したコスの数をよく尋ねられますが、わかりません。私たちはリストを保持していませんしかし、私たちは好きです。

Twitterを投稿したロング氏は、デジタル銀行Avanti Bank&TrustのCEO(最高経営責任者)であり、州議会のブロックチェーン、金融技術、デジタルイノベーションに関する特別委員会に所属する人物である。同氏は、リップルのような仮想通貨企業は、州に法人税やフランチャイズ税がなく、仮想通貨が財産税と消費税の免除が適用されているため、ワイオミングへの移転を検討する必要があると述べた。さらに、リップルがワイオミング州で事業登録した背景には、米国上院議員シンシア・ルミス(Cynthia Lummis)氏の存在があると言われている。ワイオミング州議会議員は、デジタル資産が同氏の立法議題の重要な部分になると最初に提言した1人だ。

リップル本社はサンフランシスコに籍を置いたまま

ワイオミングに事業登録を済ませたリップルだが、本社はまだサンフランシスコに籍を置いたままリストされている。

そのため、リップルが本社を仮想通貨に適した状態に移行するようには見えない。しかし、Rippleの共同創設者であるクリス・ラーセン(Chris Larsen)氏とブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)CEOは両者とも、米国内における仮想通貨とブロックチェーンに関する規制の明確さ欠如に対して不満を持っていることは広く知られている。これらの不満については、当NEXTMONEYの特集記事「リップル会長、規制環境が変わらなければ「米国を離れる」可能性を示唆」、「リップル、XRP販売を巡って米SECと訴訟の可能性」、「リップルCEO、会社がSECと和解しようと試みたと明かす」などでも以前に報じている。

ワイオミングへの移転要請

ワイオミングは、仮想通貨およびブロックチェーン企業にとって最も魅力的なエリアの1つになりつつある。昨年、ワイオミング州銀行委員会は、仮想通貨取引所Krakenに対し、仮想通貨に優しい銀行として運営するための許可を付与している。

今月初め、「テスラ社、15億ドル相当のビットコイン保有判明でBTC最高値更新=保有額はマイクロストラテジー社に次ぐ」でも報じたように、テスラ社は15億ドルのビットコイン(BTC)を購入している。これを受けてルミス上院議員は、イーロン・マスク(Elon Musk)氏に同州への移転検討をTwitterで要請するツイートを発信した。

リップル会長、規制環境が変わらなければ「米国を離れる」可能性を示唆

2020.10.08

リップル、XRP販売を巡って米SECと訴訟の可能性

2020.12.22

リップルCEO、会社がSECと和解しようと試みたと明かす

2021.01.12

テスラ社、15億ドル相当のビットコイン保有判明でBTC最高値更新=保有額はマイクロストラテジー社に次ぐ

2021.02.09

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。