偽バンクシー、デジタルアーティストがETHで100万ドル以上を獲得

バンクシー(Banksy)風作品をNFT販売

NFTアーティストが、世界で最も有名なストリートアーティストであるバンクシーの作品に似せたデジタルグッズを販売し、447ETH以上を稼いだことが分かった。ただし、この作品はなりすましである事をにおわせている。

2月14日(日曜日)から、NFTマーケットプレイスのOpenseaなどで、バンクシーの署名の入りステンシルスタイル作品とトークンを使用した「PestSupply」という名前のアカウントが登場。バンクシーの作品に酷似したNFTを販売している謎の人物が登場したとして、高い関心を集めている。

2月20日、NFTマーケットプレイスOpenSeaに「PestSupply」と名乗る人物により、アートワークが掲載された。バンクシーは、PestSupplyのアートワークの公式認証者として機能するPest Control(ペストコントロール)と呼ばれる非営利会社を運営しています。

作品の1つには、「I can’t believe you morons actually buy this NFT shit.(私はあなたが実際にこのNFTのたわごとを買うとは信じられません。)」というフレーズのアートキャンバスが描かれており、作品に関心を寄せる人々を皮肉っている。このフレーズはすぐにTwitterで広まり、アーティストが本物のバンクシーであるかどうかを推測する人も登場するほど、市場を賑わせた。

しかし、Twitterユーザー@ defibull2氏が、PestSupplyのアドレスに関連付けられたアドレスがOpenSeaで他のNFTとイーサリアムネームサービストークンを販売していたことを指摘。

CoinMarketCapより画像引用

アドレスには現在17.8ETHあるが、新しいアドレスへの429.5ETHの一連のトランザクションを示しており、ETHが22日には1ETH=20万円を超えたため、約8,600万円に相当している。CoinMarketCapの調べによると、2月22日のイーサリアム価格は、1ETH=198,700円台公判で推移しており、前日同時刻比-3.20%、1週間9.12%の上昇、時価総額は2兆2,780億円を記録している。

疑惑が大きくなるとリストを削除

アーティストバンクシーへのリンクの疑いが生じると、OpenSeaは彼らのリストを削除している。

その後、PestSupplyはRaribleでの作業の一覧表示を開始。リストによると、「セーブ・ザ・チルドレン・レッド・エディション」と呼ばれる作品の収益は、人道援助グループのセーブ・ザ・チルドレンに寄付される事を明かした。アーティストRariblebioは、1919年にイギリスで設立された非政府組織 (NGO)セーブザチルドレン仮想通貨寄付ページへの一連の確認済み取引も示している。なお、寄付先の団体はETH、BTC、およびその他のデジタル通貨での寄付を受け付けてい。

イーサリアムは、共有したスクリーンショットによると、ペストサプライの住所からセーブザチルドレンの住所に一致する住所への5.8ETHのトランザクションを示している。バンクシーは慈善活動への支援で知られており、昨年は地中海の移民を救助するためのボートに資金を提供したことで知られている。

その後、著名なアーティストであるマックス・オシリス(Max Osiris)氏は、バンクシーの「法定後見人」であるPest Controlが、電子メールでNFTとの関連付けを拒否したことをコミュニティに知らせている。同氏は、これらの価値判断を下すのは最終的にはコレクターの責任であり、偽物から身を守るのもコレクターの責任であると信して次のように語っている。

アートは偽物であっても価値があると思います。なぜなら、彼らが何を得ているかを理解するのはコレクター次第だからです。ある意味で、これはかなり成功したアートプロジェクトです。特に、お金が行くと主張する場所に行く場合はそうです。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。