Brave、IPFSプロトコルネイティブサポートを追加した初のブラウザに

BraveがIPFSと統合で分散型ウェブを閲覧できるように

Brave Softwareは1月20日(水曜日)、「Brave1.19」のリリースを発表した。リリースにより、Braveは、分散型または検閲済みのコンテンツにアクセスするためのピアツーピアプロトコルであるIPFSをサポートする最初の主要なブラウザメーカーとなった。

2015年にリリースされたIPFSは、InterPlanetary FileSystemの頭文字から取った略語だ。これは、BitTorrentに似た古典的なピアツーピアプロトコルであり、分散型ストレージシステムとして機能するように設計されている。

IPFSを使用すると、ユーザーはパブリックIPFSゲートウェイまたはプライベートIPFSノードなどの数百または数千のシステムに分散されたコンテンツをホストできる。このコンテンツのいずれかにアクセスするユーザーは、ipfs:// {content_hash_ID}の形式でURLを入力する必要があるという。

通常の状況では、ユーザーはこのコンテンツを中央サーバーではなく、最も近いノードまたはゲートウェイからダウンロードするが、ユーザーがIPFSデスクトップアプリまたはブラウザー拡張機能をインストールしている場合にのみ機能する。

Braveによると、バージョン1.19では、ユーザーはipfs://で始まるURLにブラウザーから直接アクセスでき、拡張子は必要ないという。また、Braveは今後ipfs://リンクをネイティブにサポートする予定とのこと。

ウィキペディアなどの一部の主要なWebサイトにはIPFSバージョンがあるため、規制の厳しい国や地域のユーザーは、Braveの新しいIPFSサポートを使用して、ファイアウォールを回避できる。インターネットの規制状況は、政治的な理由で国内ブロックされている可能性があり、IPFS経由で利用できるコンテンツにアクセスできるようになる。さらに、Braveは、ユーザーがバージョン1.19により、ワンクリックで独自のIPFSノードをインストールし、ダウンロードして表示するコンテンツのホストに貢献できると述べている。

プライバシー機能に焦点

今回の「バージョン1.19」ローンチの発表にともない、ブレイブのCTO兼共同創設者であるブライアン・ボンディ(Brian Bondy)氏は、次のように述べている。

ブレイブデスクトップブラウザリリースとのネイティブIPFS統合を提供する最初のブラウザになることに興奮しています。IPFSオープンソースネットワークの統合は、Webをより透過的、分散型、および復元力のあるものにするための重要なマイルストーンです。IPFS統合に関する作業は今後も拡大すると予想されています

Braveは、DNSLink WebサイトからネイティブIPFSバージョンへの自動リダイレクト、IPFS Webサイトを共同ホストする機能、IPFSに簡単に公開する機能など、今後のバージョンでサポートしていくことを計画しているという。

ネイティブIPFSサポートは、Braveが製品に追加したプライバシーに焦点を当てた機能の長いラインの最新のものである。以前のものには、プライベートビデオチャットシステム、組み込みの広告ブロッカー、指紋のランダム化、最小限のテレメトリ、クエリパラメータのフィルタリング、ソーシャルメディアのブロックなどのサポートが含まれている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。