ビットコインオプション、1月29日に期限切れになる予定

ビットコインオプション期限が間近に迫る

ビットコイン(Bitcoin/BTC)価格は1年で300%以上上昇し、既存ユーザーをオプションやその他の製品に向かわせている。

仮想通貨ボラティリティ(価格変動)とそのデリバティブ(※1)への関心の高まりに続いて憶測が高まっているため、記録的な37億ドル相当のビットコインオプションが1月29日に期限切れになる予定だ。
(※1)デリバティブとは、「仮想通貨FX」や「仮想通貨レバレッジ」など、将来の取引を扱うオプションやスワップ、先物取引なども含まれる。

bybtbybt

仮想通貨データ分析サービスを手掛けるbybtによると、オープンオプション契約は約245,700BTC、約9,350億円の価値があった。ビットコインオプションは、投資家に、設定された期間内に指定された価格で仮想通貨を購入または販売する権利を与えるが、義務ではない契約だ。彼らは投資家にデジタル通貨自体を取引することなく、価格がどちらに行くかに賭けることによってお金を稼ぐ機会を与える。

現在、最も多くのビットコインオプション取引を促進している取引所であるDeribitは、2018年に製品の提供を開始。しかし、ビットコインの価格が今月初めに42,000ドル近くで史上最高値に急上昇したため、過去数カ月で関心が急上昇し、月曜日の朝の価格は約385万円だった。

bybtより画像引用

仮想通貨オプション契約=仮想通貨取引ではない

bybtのデータによると、約101,000BTC相当のオプション契約は今月29日に失効する予定だが、すべてのオプションが取引につながるわけではない。これは、Cointelegraphも指摘しているように、12月25日に見られた約24億ドルの以前の記録を上回っている。

オプションは、投機家がビットコインについて強気であることを示しており、17日時点で、「コール」(価格が上昇することを広く賭けている)に対する建玉は、「プット」(価格が下がる賭け)に対する建玉よりもかなり大きかった。
通貨会社オアンダ市場アナリストであるクレイグ・アーラム(Craig Erlam)氏は次のように語っている。

これは、独自基準でさえ、過去数カ月でビットコインがどれほど不安定になったかを反映している。私たちが日常的に見ている動きは信じられないほど素晴らしいので、オプションがより活用されているのは当然です。

ビットコイン価格は、昨年比300%以上、先月比60%以上急騰している。アーラム氏は、コロナウイルスの大流行の中で中央銀行と政府が経済を現金で氾濫させていることが主要な推進力であり、インフレと通貨切り下げの懸念も要因であると述べている。

これらを踏まえても、ビットコインの価格は非常に変動しやすく、毎日10%以上変動している。2021年1月8日、過去最高の41,000ドルを超えた数日後には30,000ドル近くまで下落し、その後再び上昇するなど、ボラティリティの激しさは周知の事実だ。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。