ビットコイン、フラッシュクラッシュも1万8000ドルに再上昇

ビットコイン、フラッシュクラッシュも1万8000ドルに再上昇

ビットコイン(BTC)は18日、数時間という短期間において急激な価格上昇を記録し、現時点のBTC価格は18,000ドルまで上昇している。

過去24時間でBTC価格は8.6%上昇し、時価総額トップ20の仮想通貨で、最大の上昇率である。またビットコインの時価総額についても、約3,440億ドルを超え、過去最高の時価総額を更新している状況だ。

TradingViewより画像引用

ビットコインは18日に急激な上昇を目の当たりにし、その価格は17,600ドルから、わずか2時間足らずで18,500ドルまで急上昇。その直後、突然のフラッシュクラッシュによって価格は17,200ドルから17,500ドルのエリアまで急激に下落した。しかしフラッシュクラッシュ発生から約2時間後、ビットコイン価格は17,800ドルまで価格を戻し、執筆時点では18,000ドルを推移している状況だ。

著名アナリスト、トレーダーによる今後の予想

Blockrootの創設者兼有名BTCトレーダーJosh Rager氏は、急上昇後のフラッシュクラッシュについて、今後数日のうちにまた修正が行われると予想しており、今回の急上昇からの急暴落に対して楽観的な意見を述べている。

ナイスなプルバック(利益確定などで相場が一時的に反対方向に動くこと)。さらに多くのことが来ることを期待しています。
ビットコインが17,800ドル以上に戻り、18,000ドルレベルを超えて挽回し、この跳ね返りに満足しているのを見たいと思います。

しかし、プルバックが今後も発生すると予想する反面、BTCの成長には疑念を抱いていないようだ。Josh Rager氏は、現在の展開が市場によって健全で、持続可能なものであると考えており、BTCが現在の上昇トレンドを継続するのであれば、BTCは日足チャートの18,00ドルを超え、新たなサポートレベルを確立する必要があるという。

すなわち、史上最高値20,000ドルを更新する大規模な上昇には、BTCは週足チャートで18,953ドルから19,187ドルのエリアで取引を終了する必要があると述べている。

しかし現在のBTCを含む仮想通貨の急激な価格上昇に対して、ツイッターフォロワー数2.6万を誇る著名な仮想通貨トレーダーlight氏をは、誇大広告が多すぎることから、大規模な修正で終わるのではないかと危惧している。これは、現在の市場は過熱していることが、ポジションの一部を売却して価格調整を待っているという状況だという。

同じくツイッターフォロワー数4.9万を誇る著名トレーダーBig Chonis Trading氏は、ビットコインが株式のような伝統的な金融市場から再び切り離され、そこに蔓延している横方向のトレンドに対して強い展開を見せていると説明。過去24時間ではダウ・ジョーンズ(-0.21%)、S&P500(-0.28%)と、過去24時間で横ばいで推移している。Big Chonis Trading氏は、ビットコインはデジタルゴールドとしての価値に忠実であり、BTC価格が今年、史上最高値を更新する可能性があると考えている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。