テザー時価総額が2021年にイーサリアムを追い抜く可能性=ブルームバーグレポート

テザーがイーサリアムを追い抜く日

各仮想通貨の時価総額について、2022年まではビットコインが1位、テザーが2位になる可能性がある。

最新レポートで、テザーが来年末までにイーサリアム(Ethareum/ETH)の時価総額を超える可能性を指摘。ステーブルコインとCBDC(中央銀行発行デジタル通貨)へと主要通貨が移り変わり、新たな仮想通貨の道が開かれると予測した。

シニアコモディティ・ストラテジストの肩書を持つマイク・マッグローン(Mike McGlone)氏が書いた2020年第4四半期のブルームバーグの仮想通貨見通しに関する報告書によると、テザー(Tether/USDT)は2021年にイーサリアムと時価総額が逆転し、2位になる可能性があると述べている。ETHは現在432億ドルですが、2019年と2020年のほとんどで300億ドルを下回っており、今年7月下旬にDeFiから後押しされる形で大きく伸びを見せているにとどまっている。そのため、DeFiの動向次第では、再び300億ドルを下回る可能性もあり、油断できない状況が続いている。

Bloombergより画像引用

一方、USDTの時価総額は訴訟などを抱えているにもかかわらず、2017年以降着実に成長している。2018年10月に1度、大幅な落ち込みを見せたものの、2020年に時価総額41億ドルで始まり、10月には157億ドルに急速上昇を見せている。

テザーの採用の増加を阻止するには、何か重要なことが必要で、現在の傾向が優勢であれば、テザーの時価総額は来年イーサリアムを超える可能性があります。

仮想通貨コミュニティのすべての人が予測を高く評価しているというわけではない。仮想通貨のパイオニアと呼ばれているアダム・バック(Adam Back)氏は10月11日にTwitterで、フォロワーに、投資家ポートフォリオの大部分がビットコイン建てであると信じているため、ビットコイン(Bitcoin/BTC)が“重要な唯一のベンチマーク”であると語っている。

私はステーブルコインを使用しているが、それは短いビットコインであるため、あまり保持していない。ビットコインの保有を伴わない戦略は、ビットコインのパフォーマンスを低下させるリスクが高くなる。

レポートは、テザーの需要がCBDCの到来が単に“時間の問題”であることを示しており、ビットコインの強気な将来も予測している。ブルームバーグでは、ビットコインが現在の価格11,000ドルから2025年までに100,000ドルに上昇するにつれ、ゼロを追加すると述べており、2,100万の上限供給量で、需要対供給の指標は引き続き価格がプラスであると述べた。

ビットコインは、採用の増加を背景に価格を上昇させながら、その初期の存在のほとんどで持っていることを継続することができるが、ペースは遅くなるとレポートは述べ、ほとんどの需要と採用措置は、ビットコインが上向きの道を歩む可能性が高いことを示していると締めくくった。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!