KuCoinは、2億8100万ドルを盗んだハッカーを特定したと主張

KuCoin のハッカー特定か!?

KuCoin(クーコイン)のジョニー・リュウ(Johnny Lyu)CEO(最高経営責任者)が、大規模なハッキングの犯人について「実質的な証拠」があると述べ、ハッカーの特定に成功したことを示唆した。

香港に拠点を構え、最大手仮想通貨取引所Binance(バイナンス)に次いでアジアで圧倒的なシェア率を誇るKuCoinのジョニー・リュウCEOが本日、「徹底的な調査の結果、9.26 #KuCoinセキュリティインシデントの容疑者が手元にある実質的な証拠を発見しました。法執行官と警察が正式に行動を起こします」とツイートした。

ハッキングは9月26日に実行され、KuCoinはハッカーが漏洩した秘密鍵を使用して取引所のウォレットにアクセスしたと述べた。KuCoinはユーザーに向け、銀行にすべての損失をカバーするのに十分なお金があると述べている。ハッキングが発覚した後、KuCoinの仮想通貨プロジェクトはほとんどの資産を凍結または役に立たなくするためにすぐに動いており、多くのチームがハッカーが動くのを阻止するためにブロックチェーンを更新した。

なお、リュウCEOは、2億400万ドル相当の仮想通貨、つまりハッキング全体の72%は、「疑わしいアドレスの制御が及ばない」と述べており、ハッカーは分散型取引所で少なくとも1300万ドルの仮想通貨を販売している。

9月30日のライブストリームで、リュウCEOは、ハッキング後に入出金を一時停止したKuCoinはすでに再開しており、現在31トークンの入出金をサポートしているが、ビットコイン、イーサリアム、米ドルペッグのステーブルコインであるテザー(Tether /USDT)は含まれていないと述べたほか、以下のように述べている。

業界のパートナーたちからの多大な支援により、さらに6400万ドルの資産が疑わしいアドレスの管理下になく、10月1日以降の総額は2億400万ドルになっている。取引所も完全に機能するようになっている。

KuCoin ハッキング後の流れについて

KuCoinはハッキングとお思われる不審な動きをキャッチして以降、迅速な対応を徹底して行っていることを主張している。

特別タスクフォースによって、疑わしいアドレスに保持されていた他の7つのプロジェクトトークンを正常に凍結するために、関連機関とも調整し、集中的に取り組んいる。発覚から12時間以内に特別タスクフォースは影響を受けた100以上のプロジェクトすべてに緊急通知の送信を終了。流出したとみられる90%が48時間以内にもどったと主張。

9月30日のライブストリームの中で、同取引所は入出金サービスは完全には有効になっていないが、スポット取引、証拠金取引、先物取引、P2Pフィアット取引、レッドエンベロープ機能、Pool-Xステーキング、Pool-X流動性取引プラットフォームなど、KuCoinが提供する他のサービスは影響を受けなかったと報告している。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!