仮想通貨取引所Poloniex、米国ユーザーの口座閉鎖

仮想通貨取引所Poloniex、米国ユーザーの口座閉鎖

仮想通貨取引所Poloniexが、米国ユーザーの口座を閉鎖することを発表した。資金引き出しの期限は12月16日までとなっており、これ以降は引き出しができなくなる可能性がある。Poloniexがユーザー向けに送信したメールには、以下のように記載されている。

「12月16日以降、アカウントに残っている仮想通貨はUSDCとして取引・保存が行われます。休止となったアカウントの資産は、州の規制で放棄された財産と見なされるため、アカウント所有者の州に送信される可能性があります。」

この記事の執筆時点では、Poloniex側がなぜ米国ユーザーの口座を休止するのか、明確な理由は述べられていない。仮想通貨業界は統廃合が続いているが、多くの投資家はクリスマスと年末に向けた長期休暇から生まれる、価格上昇のホリデーギフトを期待している状態である。

Poloniex、今月にはアジア向けサービスを開始

今月13日、Poloniexはアジア及び太平洋地域向けの取引サービスであるPwang.comの開始を発表している。加えて、中国のSNSであるWeiboのアカウントも立ち上げている。このアカウントは、2日で3万2000を超えるフォロワーを獲得している。

Poloniexはセイシェル諸島に登記されている仮想通貨取引所だ。海外取引所ではハイレバレッジ取引で有名なBitmexも、ここに拠点を構えている。もともとはUSDC発行のCircle社に買収されていたが、2019年10月には傘下から抜けている。今回の米国向けサービスの停止に関して、詳細の理由は明らかになっていないが、おそらくCircle社が米国の規制に準拠するため、Poloniexを手放した可能性がある。

Poloniexの離脱に関しては、Circle社もブログでコメントをしている。その理由として、高い競争力を保ち、ユーザーにとって素晴らしい商品を提供するための決断と述べている。

この記事のURLをコピーする