マカフィー氏がサトシ・ナカモトの正体を明かす日は来るのか

Bloombergの報道とマカフィー氏のTwitter

サイバーセキュリティ分野の先駆者として名高いジョン・マカフィー氏が、Bitcoinを発明したサトシ・ナカモトの正体を明かす日はくるのか。

マカフィー氏がサトシ・ナカモトの正体を明かす意向を示していることが、Bloombergで報じられた。

同メディアの電話取材では、「1週間以内」にナカモト氏の身元を公表する意向を示していたようだが、その後、マカフィー氏は自身のTwitterで「公表を延期する」旨の発言を行った。

サトシ・ナカモト氏の正体を明かすことで、発生する様々な影響により、マカフィー氏自身がなんらかの訴訟対象となる可能性があることに言及し、「そのようなリスクは取れない」といった意思を示している。

また、マカフィー氏は、Bloombergからの電話取材で、サトシ・ナカモト氏と話をしたことも明かされたようで、サトシ・ナカモト氏は正体を明かされることを快く思っていない様子も伝えられたようだ。また、サトシ・ナカモトは米国在住者であるとの発言もあったことが伝えられている。

サトシ・ナカモト氏の正体をめぐって

サトシ・ナカモト氏の正体については、以前から様々な憶測が飛び交っていた。

そんな中、「自身がサトシ・ナカモトである。」と公表したBitcoin SVのクレイグ・ライト氏は、現在、このサトシ・ナカモト氏の正体をめぐる論争のなかで、”渦中の人”となっている。

クレイグ・ライト氏は、この件について自身を批判した者を訴えるといった意向を示し、これに呼応するカタチでいくつかの仮想通貨取引所がBitcoin SVの上場廃止を決定した。実際に、英国のポッドキャスターに対して訴訟を起こしたことも最近話題となった。この論争で、Bitcoin SVには逆風が吹いているという現状もある。

最近になって、サトシ・ナカモト氏の正体をめぐる論争は急速に慌ただしさを増している。マカフィー氏はこの論争に終止符を打つキーマンとなるのか。

今後の動向に注目が集まりそうだ。

この記事のURLをコピーする