QUOINEがICOに関する新サービスを開始

QUOINEがICOに関する新サービスを開始

仮想通貨取引所である「Quoinex」や「Qryptos」などを運営しているQUOINEは、ICOの新サービスを開始しました。

新たなサービスは『ICO Mission Control(ICO管理センター)』といい、QUOINE傘下の仮想通貨取引所であるQryptos(クリプトス)に設置される予定です。

この新サービスは、ICOをトークン発行者デアはなく取引所が本人確認や、マネーロンダリング(資金洗浄)のチェックなどを行い、トークンセールが終了した後に、同取引所に上場される事で取引量を確保することができます。

ICOのトークンセールが終了した後、すぐに上場されることによって流通量が確保できます。これにより投資家や、既存のユーザーの投資の向上が見込めます。

しかし今回の新サービスを行うQryptosは日本の居住者にはアクセス不可となっており、日本人の規制に関して今後の対応が注目されます。

運営の見解

運営の堀口
日本国内のICO実施は仮想通貨交換業の登録や、金融庁及び自主規制団体などの認可を受ける必要がある為、非常にハードルが高くなっているのが現状です。

QUOINEだけでなく、複数の取引所が独自のブロックチェーンやプラットフォームを形成する動きを見せていることからも、国内では”ICO”ではなく”IEO”が主流になっていくことが考えられます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)