MyEtherWalletでハッキングが発生

MyEtherWalletでハッキングが発生

多くのユーザーが使用している仮想通貨ウォレット「MyEtherWallet(MEW)」が今月の24日、マイイーサウォレットの複数のDNSサーバーがハッキングされ、どうウォレットを使用しているユーザーがフィッシングサイトにリダイレクトされる危険性があるとツイッターで警告しました。

MEWは、どのサーバーがどのようにして標的にされているかを早急に確認し、ハッキングの問題を解決できるよう尽力していると述べました。

今年1月にアルトコインであるイーサリアム・ブルーの開発者がMEWに突き付けたDNSのハッキング被害がありましたが、MEWは当時このハッキングに対して否定をしていました。

しかし今回のハッキングについてMEW側は、TwitterでDNSサーバーがハッキングされたことを認めました。

その後MEWでは、システムは正常に戻り、フィッシングサイト対策の確認事項を発表し、MEW利用者に対して保有している仮想通貨をハッキングされないように注意事項、確認事項を注意喚起しています。

運営の見解

運営の堀口
仮想通貨市場を取り巻く環境は規制を懸念してからICOからAirdropブームへと移行しつつあります。

その多くがEthereumベースのERC20トークンを採用している為、大きな波紋を呼びました。

ウォレットに預けておけば安心、そんな甘いものではありません。

仮想通貨投資はどう利益を上げるかということに加え、どう資産を守るかにフォーカスすることも非常に大切であることが改めて認識出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)