アップル共同創業者スティーブ・ウォズニアック氏、ブロックチェーン関連企業への参入を発表

アップルの共同創業者であるスティーブ・ウォズニアック氏が、自身初となるブロックチェーンプロジェクトに関わるとラスベガスで開催されたカンファレンス「ChainXchange」にて表明を述べた。

最初にウォズニアック氏は、ビットコインについて下記のように述べた。

私は色々なことに、遅れずについていく事が好きだ。ビットコインは、これまでに聞いたことのない技術を取り入れていて、関心がある。ビットコインは数学に基づくため、私からしたら数学は自然のようなものであり、それは人間よりも優れたものになる。

また、ブロックチェーン技術に関して「ブロックチェーン技術のことは、聞いてはいたが、全く理解をしてこなかった。1日で理解出来ることではなく、色々と考えたりすることで、どのようにブロックチェーンを利用するのか理解してきた。」とブロックチェーンについての理解を述べた。

最後にブロックチェーン関連業界への参入については「投資事業も行っている「Equi」というブロックチェーンの会社に参入する。新たな通貨を発行したり、イベントで価値を上下させたりするようなものを扱ったりすることはない。」と述べており、マルタで開催されるブロックチェーンサミットの頃を目処に、この事業の立ち上げになるとしている。

この記事のURLをコピーする