仮想通貨Ethereum共同設立者「仮想通貨の低迷はイーサリアムの成長には関係ない」

イーサリアムの共同創立者であるジョゼフ・ルービン氏は、仮想通貨市場の乱高下は、イーサリアムのエコシステムの成長には影響ないという見解を、ブルームバーグのインタビューで示した。

イーサリアムは昨年11月から今年1月上旬あたりまでの間上昇していたが、2018年8月13日、昨年11月の価格を下回っていたがジョゼフ・ルービン氏は気にはしていないようだ。

ルービン氏は以下のように述べている。

仮想通貨は過去6回もの暴騰があり、それぞれ前の暴騰よりも大きいものになっている。バブルというのはその時は驚異的に見えるけど、後々チャートを見てみると大した問題ではない。
イーサリアムの価格自体は昨年末より下がっているがコミュニティーが増えたことは歓迎すべきだ。

また、ルービン氏は価格の上昇とエコシステムの成長は相関関係にある、とも述べている。

この記事のURLをコピーする