連邦準備銀行総裁、ビットコインは明らかに価値ある市場だと述べる

連邦準備銀行総裁がBTCを価値ある市場と述べる

ダラス連邦準備銀行(Federal Reserve Bank of Dallas)のロバート・カプラン(Robert Kaplan)総裁は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)は明らかに「価値のある市場」であると述べていることが分かった。

カプラン総裁は、ビットコインなどの仮想通貨と、CBDC(中央銀行の発行するデジタル通貨)の違いを強調。その上で、後者は「必ずしも価値のあるものではない」と述べた。カプラン総裁は、4月16日(金曜日)にメイズビジネススクール(Mays Business School)が主催した「テキサスA&Mビットコイン会議2021」でビットコインと中央銀行デジタル通貨(CBDC)について話した。カプラン総裁はビットコインの課題は「どれだけ広く採用されるか」であり、ビットコインと中央銀行のデジタル通貨を区別すると説明したうえで、次のように語った。

私はビットコインのような仮想通貨と、中国でのデジタル人民元の実験など、デジタル通貨について行われている議論を区別します。“今のところ”、価値ある市場であることは明らかです。明らかに価値が大きく変動し、交換と幅広い採用の媒体として広すぎるのを防ぐかもしれませんが、それは変わる可能性があり、進化していくでしょう。連邦準備制度理事会のチームは、集中的に研究しており、ビットコインや他の仮想通貨を研究し続けます。


異なる解釈を認識のうえでのデジタルドルプロジェクト

カプラン総裁は、中央銀行のデジタル通貨に関する世界中の議論は、デジタル通貨が必ずしも価値があるとは限らないという点でわずかに異なっている。

原通貨価値が心配な場合、デジタル通貨は中国において原通貨の価値と結びついている可能性があると指摘。その上でデジタル通貨は、最初に支払いを行い、必要な場所にお金を稼ぐ。国内での支払いのしやすさの方法でもあると語った。同総裁は、場合によっては中国では、フローを監視する方法だと主張することもできるが、最終的には監視がどこまで進むのか、そして世界的な支払いとその影響についての憶測があると語った。

デジタルドルについては、FRB(連邦準備制度理事会)のジェローム・パウエル(Jerome Powell)議長が今年2月、FRBがデジタルドルの発行の可能性を積極的に検討していると述べている。彼はそれがFRBにとって「非常に優先度の高いプロジェクト」であることを強調している。さらに、NEXTMONEYの特集記事「前CFTC議長、デジタルドル財団を設立」で報じているように、CFTC(米商品先物取引委員会)の前議長であるクリストファー・ジャンカルロ(Chris Giancarlo)氏がデジタルドル財団(Digital Dollar Foundation)を設立。ボストン連邦準備銀行とMIT(マサチューセッツ工科大学)は、今年の第3四半期に少なくとも2つのデジタルドルのプロトタイプを発表する予定とのこと。

前CFTC議長、デジタルドル財団を設立 

2020.01.17

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。