ビットコイン、ほぼ10年で2つのブロック間の最長時間を記録

ビットコイン誕生10年でブロック間最長記録

ビットコインブロックチェーンは、誕生からほぼ10年でブロック間の最長時間を記録したことが分かった。

ビットコインブロックチェーンは、2つのブロック間の最大の時間間隔の1つを記録 した。CoinMetricsのリードデータエンジニアであるアントワーヌ・ル・カルベス(Antoine Le Calvez)氏によると、ブロック679,786をマイニングするのに122分かかりました。これは、マイニングプールF2Poolによって最終的に発見された。ブロック679,786はマイニングに122分かかり、各ブロックが10分ごとに来ると仮定すると、これは200,000分の1の確率になるという。これは、ブロック149,097をマイニングするのに141分かかった2011年10月13日以来初となる最長のブロック間隔時間です。

4月119日付NEXTMONEYの特集記事「ビットコインマイニングハッシュレートが急降下し、中国の停電が非難される」で報じたように、主要なマイニング拠点である中国の新疆ウイグル自治区での停電により、一晩でハッシュレートが45%以上低下した後、ブロックは現在、はるかに遅いペースで採掘されている。

史上最長のブロック間隔

2009年1月3日にサトシ・ナカモト氏によってマイニングされた、いわゆる“ジェネシスブロック”であるブロック0とブロック1は、5日8時間39分という最大の時間間隔で記録を維持し続けている。2番目と3番目に長いブロックは、それぞれ1日と1時間で、2009年5月22日と2009年6月5日に記録された。

前のブロックよりもタイムスタンプが早いブロックがいくつかあるものの、222ブロックには一致するタイムスタンプがあり、2つのビットコインブロック間の最短間隔を決定するための信頼できるデータはない。

ビットコインマイニングハッシュレートが急降下し、中国の停電が非難される

2021.04.19

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。