サウジアラビアで仮想通貨の取引が違法化

12日、サウジアラビアの規制当局が「仮想通貨取引は違法である」と公式見解を発表。
これにより、実質的に仮想通貨の取り扱いが禁止になった。

サウジアラビア常任委員会は次のように述べた。

仮想通貨の取引は政府の管轄内でなく、また過剰な価格な価格変動や詐欺などの問題によって投資家が高いリスクを負ったり、最悪の結果が考えられる。

サウジアラビアの常任委員会は、サウジアラビア国内においてビットコインや他の仮想通貨は違法であり、全ての個人及び企業は取引を許可されないとしている。

しかし現状では、仮想通貨取引をした場合の罰則等については明言されていない。

この仮想通貨取引に関する法令を監視する常任委員会はサウジアラビア資本市場庁(CMA)を中心に通貨庁、内務省、情報省、貿易投資省から構成されている。

2月にサウジアラビアの中央銀行であるサウジアラビア通貨庁はリップルとの提携に合意しており、リップルのxCurrentを用いてサウジアラビア国内の送金インフラ向上のための支援を発表している。

この記事のURLをコピーする