SAMSUNG「スマートフォンデバイスは仮想通貨の使用に適している」

「Blockchain」や「jaxx」のような、仮想通貨を使って支払いを行ったり送受信をするためのスマートフォンウォレットアプリがあるが、サムスンのJoel Snyder は、セキュリティ性の高い環境”TEE”により、パソコンなどのデバイスよりもスマートフォンの方が安全であると述べている。

多くのスマートフォンは”TEE”というシステムがあり、”TEE”はデバイスと完全に別の環境で動くので”TEE”のメモリを変更することができない。そのためハッキングやセキュリティ違反があったとしても”TEE”から秘密鍵などの重要なデータを盗むことはできない。

スナイダー氏は以下のように説明した。

HDDやSSD(ソリッドステートドライブ)などの従来のストレージ(データを長期間保管しておくための補助記憶装置)を利用するパソコンでは、ハッカーに侵入され、セキュリティ化されたウォレットに関する貴重な情報を盗まれる可能性があるため、スマートフォンより脆弱である。
スマートフォンのTEEのメリットを活かしたウォレットがあれば、それが最善です。

 

運営の見解

運営の椎木

これから流行るdApssもスマホで出来るように作らないとセキュリティー的にもUI的にも難しいと思います。
もちろん、セキュリティーが一番先に来ますが、その先の普及を考えるとスマホでの開発を進めていった方がいいと思います。
一人一台、掌にパソコンを持ち歩いているようなもんですからね、ブロックチェーンの技術を使うことによって何でもできる世の中ができあがりそうですね。
秋ごろに、ブロックチェーン技術を用いたスマホも発売されるので、プラットフォームとデバイスの連携に注目が高まりそうです。

この記事のURLをコピーする