ブロックチェーン技術に世界のゲームメーカーが注目

韓国の大手ゲームメーカー「Nexon」が、仮想通貨取引所「Bitstamp」と何らかの取引を行ったという噂が上がっている。
噂の内容は、ネクソンがBitstampを3億5,000万ドルで買収するための会談を行った、というものだ。

これについて、ネクソンCEOは「現時点では情報を開示することは出来ない」と述べている。

噂が本当であれば、仮想通貨におけるゲーム市場が一気に活性化することになるだろう。

しかし、ブロックチェーン技術に関心を持っているゲームメーカーはネクソンだけではない。

日本のゲームアプリメーカーも今年初め、ブロックチェーンに焦点を当てた、3000万ドルの投資ファンドを開始。
さらに、アサシンクリード、ファークライなどの人気ソフトを制作している「UBISoft」や、数々の人気タイトルが制作された開発用ゲームエンジンの「Unity」のような超大手企業も、同様の動きを見せている。

ネクソンCEOは、ゲームファンに新たな体験を与えるツールとしてブロックチェーンを挙げ、こう述べた。

ユーザーは新しいゲームの中で他の人を信頼したいと考えている。ブロックチェーン技術は様々な種類のゲームに信頼性をもたせるのに役立つ

運営の見解

運営の堀口
仮想通貨取引所とゲームメーカーの提携の動きは日本でも同様に起こっています。

国内大手取引所bitflyerとドラゴンクエスト、ファイナルファンタジーを製作するスクエアエニックスは既にコラボ企画を実施。

ゲーム業界は既存のノウハウにとらわれず、常に新しい革新的な技術を求めている中で、ブロックチェーンに焦点が当てられています。

分散型アプリケーション(dApps)のゲーム分野は2018年のキラーコンテンツとして注目が集まり、既存の大手ゲームメーカーとの融合が楽しみで仕方ありません。

仮想通貨が稼げるドラゴンクエストみたいなゲームがあれば、みんなやりますよね。

非常に楽しみな分野です。

この記事のURLをコピーする

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。