サムバンクマン・フライド&マイケル・セイラーがTwitterでビットコインマイニング擁護

Twitter上でマイニング議論が白熱

仮想通貨デリバティブ取引所FTXのサム・バンクマン・フリード(Sam Bankman-Fried)CEO(最高経営責任者)と、MicroStrategyのマイケル・セイラー(Michael Saylor)CEOは、仮想通貨マイニングが地球を殺しているというエリザベス・ウォーレン(Elizabeth Warren)上院議員の主張についてコメントした。

最近Twitterで、ウォーレン上院議員と2人の仮想通貨関連企業CEOとの間で小さな口論は怒っていた。フリードCEOとセイラーCEOの両氏が、マイニングの取り締まりを求めてウォーレン上院議員からのツイートに応えた。意見の不一致は、ビットコインマイニングが地球の死に貢献しているという環境破壊への影響に関し、ウォーレン上院議員が行ったコメントを中心に行われた。同議員は、仮想通貨マイニングに関するニューヨークタイムズの記事へのリンクをツイートした。

日本語訳:
ビットコインマイニングは、ワシントン州とほぼ同じ量の電力を消費します。電力網に圧力をかけて悪化させます。私たちは地球を保護し、環境的に無駄な仮想通貨のマイニングを取り締まる必要があります。

フリードCEOとセイラーCEOがウォーレン上院議員の主張に反応

ウォーレン上院議員による主張に応えたのが、フリードCEOとセイラーCEOだ。フリードCEOはこの問題に取り組むことは理にかなっているとツイート

日本語訳:
1)それに取り組むことは間違いなく理にかなっています!オフセットはいくつかのことを行うことができます。他のチェーン/ライトニング/ L2などを使用します。負荷/コストの削減にも役立ちます。
2)BTCのエネルギー使用量は、その経済的影響とほぼ一致しています。他の多くのものと同様に、改善する価値がありますが、外れ値ではありません。

フリードCEOは、他のシステムと同じように改善できるが、外れ値と見なされるべきではないというのが彼の信念だとみられている。そして、セイラーCEOもウォーレン上院議員に対して返信ツイートを発信。

日本語訳:
マイニングは、無駄で取り残されたエネルギーを、化学エネルギーと電気エネルギーの自然な後継者であるデジタルエネルギーに変換します。それはどんなコンピューターでも管理でき、光速でどこにでも転送でき、そして永遠に続くので、私たちの気候、経済、電力網を改善します。

ビットコインマイニングは白熱のテーマで課題今後の課題

仮想通貨マイニングが地球の環境にどれほどの影響を与えるかについての議論は、ここ数カ月で白熱している。環境保護論者とウォーレン上院議員のような政府関係者間で、セイラーCEOや他の仮想通貨支持者との議論が激しさを増している。

この討論で最も注目を集めた人物の1人であるのがイーロン・マスク(Elon Musk)氏だ。NEXTMONEYの特集記事「イーロン・マスク氏、テスラ社がビットコインでの支払を受け入れたと発表」、「イーロン・マスクとマイケル・セイラーがTwitter上で再生可能エネルギーについて話す」で報じているように、テスラ(Tesla)社のCEOであるマスク氏は、テスラの電気自動車が仮想通貨を介して購入できるようになることを発表し、2021年3月下旬に波紋を広げた。この発表は仮想通貨の価格高騰を引き起こしただけでなく、批評家からマスク氏に多くの注意がひきつけられた結果、環境保護論者はマスク氏にこの決定を再考するように説得。「テスラが「環境への多大なコスト」を理由に、ビットコインの支払いをやめる」で報じているように、3カ月にも満たない短期間でビットコインでの決済は中止された。その後、マスク氏は、「マスク氏、テスラが50%のクリーンエネルギー使用でビットコイン取引再開と述べる」で報じているように、グリーンエネルギーを使用するマイニング作業の少なくとも50%を達成するまで、テスラ社での仮想通貨の支払いを再び受け入れないと発表し、現在もまだ再開されていない。

そして、既存エネルギー源に依存しているマイニングのもう1人の批評家は、カナダの実業家、作家、政治家、テレビのパーソナリティと多彩な顔を持つケビン・オレアリー(Kevin O’Leary)氏だ。オレアリーは、ブロックチェーンからコインを抽出するために使用される非グリーンエネルギーのために、中国でマイニングされたビットコインの購入をやめると宣言している。

イーロン・マスク氏、テスラ社がビットコインでの支払を受け入れたと発表

2021.03.25

イーロン・マスクとマイケル・セイラーがTwitter上で再生可能エネルギーについて話す

2021.05.25

テスラが「環境への多大なコスト」を理由に、ビットコインの支払いをやめる

2021.05.13

マスク氏、テスラが50%のクリーンエネルギー使用でビットコイン取引再開と述べる

2021.06.14

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。