Binanceスマートチェーンの3DNFTモデル「BMeebits.Comコレクション」が12時間で完売

3D NFTモデルBMeebitsコレクションが12時間で完売

BMeebitsNFTコレクションからの3Dモデル販売が9月10日(金曜日)に開始され、同日に終完売した。これは、TronMeebitsLarvaLabsなどの有名類似プロジェクトよりも速い完売で、BMeebitsの鋳造量は170万ドル(約1億8,600万円)に達した。

3D NFTモデルのBMeebitsコレクションは20,000文字で構成されており、そのすべてがミンティング(鋳造)を通じて最初の所有者を見つけている。BMeebitsコレクションは、Binanceの創設者であるチャンポン・ジャオ(Changpeng Zhao:趙長鵬)氏や、Binanceとバイナンススマートチェーンの衣装を着たユニークなパンダなど、さまざまなレベルの希少性を持つ9種類のキャラクターで構成されている。各BMeebitsは0.2BNB、CoinMarketCap調べによると、約9,260円で作成できる。

このプロジェクトには、購入者が作成したBMeebitsの量に応じ、購入者に分配される合計400BNB(約1,850万円)の報酬システムが含まれている。50 BMeebits以上をミント(鋳造)することにより、ユーザーは購入したすべてのBMeebitsで最大3%のキャッシュバックを受け取ることができ、150をミントすることでキャッシュバックは7%に増加する。

次の段階に焦点を合わせて開発が進められている

BMeebits分散型開発チームは、現在、プロジェクト開発の次の段階に焦点を合わせている。

9月16日(木曜日)に予定されているマーケットプレイスのリリースにて、ユーザーはBMeebitsのコレクションを購入・販売・組み立てが可能になる。また、BMeebitsは45日以内に、ステーキング、ガバナンストークン、インフラストラクチャーを立ち上げる予定だ。

BMeebitsをステーキングすると、スマートコントラクトでBMeebitsをフリーズすることにより、ユーザーにガバナンストークンを受け取る機会が提供され、ユーザーはBMeebitsを保有し、市場販売しないというイニシアチブが得られる。そのため、BMeebitsの赤字発生が予測されており、将来の価値に好影響を与える。

BMeebitsのガバナンスシステムは、ガバナンストークンを使用してプロジェクトの開発に投票する機会をユーザーに提供し、開発オプションには、新パートナーシップや新機能に加え、プラットフォームの更新なども含まれている。プロジェクトが開始されると、トークンはBMeebitsを作成したユーザーにエアドロップを介して配布され、人気のある分散型取引所に賭けて購入することで、ガバナンストークンを取得できる。なお、すべてのBMeebitが作成された後、ユーザーは積極的にキャラクターを取引し始めており、現在、最大価値は100,000ドル(約1,000万円)で、特定参加者に1日で6,000%の利益を提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。