仮想通貨取引所Hotbitがサイバー攻撃を受ける=攻撃失敗直後からオフラインに

中国の仮想通貨取引所Hotbitがサイバー攻撃被害

中国の仮想通貨取引所Hotbitが4月29日(木曜日)、サイバー攻撃を受けた後、すべてのサービスをシャットダウンしたことを発表した。

Hotbitにサイバー攻撃を仕掛けたハッカーは、リスク管理システムによって特定され、阻止された事から、Hotbitのウォレットへのアクセスに失敗したものの、同取引所のユーザーデータベースを侵害することに成功している。そのためHotbitチームは、取引所の代表者であると主張する団体名からの通信を無視するように顧客にアドバイスしている。同取引所の公式サイトには、次のように記載されている。

Hotbitは、2021年4月29日午後8時頃から深刻なサイバー攻撃を受け、いくつかの基本的なサービスが麻痺しました。Hotbitチームは検査と復元のためにすべてのサービスをただちにシャットダウンし、全体的な復旧期間は7日以上になると予想されます。

また、進行中のメンテナンス中に現在すべての通常の操作が一時停止されており、Hotbitは、損失を防ぐために保留中の取引注文がキャンセルされることを明らかにしている。さらに同取引所は、メンテナンス期間中にプラットフォームに上場投資信託に起因する損失を負担することを約束している。

Hotbit の完全復旧には相当時間が必要

Hotbitの発表によると回復期間については、メンテナンスは少なくとも7日間続くと公式サイトでも明言。事件の調査とシステムのアップグレードについては、「7日以上かかると見込まれている」と強調したうえで、7~14日程度かかると見込んでおり、すべてが進行するにつれて、回復の推定時間は長くなると述べている。

Hotbitのアレックス・チョウ(Alex Zhou)最高セキュリティ責任者は、同取引所のTelegramグループのユーザーに向け、ユーザーの資金は攻撃の影響を受けていないことを明らかにし、次のように述べた。

すべてのユーザーの資金は安全です。同時に、Hotbitはホットウォレットのすべての資金をコールドウォレットに転送する過程にあり、統合全体の詳細はチェーンで見ることができます。


影響を受ける注文や製品の情報を共有

Hotbitは、影響を受ける注文と製品に関する追加情報を共有している。

・レバレッジETF商品は長期保有には適さないため、メンテナンス期間中にポジション保有者が被った損失はすべてHotbitが全責任を負います。
・意図しない取引損失を避けるため、システム復旧時にHotbitの未決済注文はキャンセルされます。
・日常の収入分配(投資商品、現行商品、FILクラウドコンピューティングパワーなど)はすべて、メンテナンス完了後にお支払いいただきます。

複数のトークンが流出

イーサリアムのトランザクション監視ツールEtherscanのデータによると、Hotbitの顧客ウォレットの1つから、現在多くのアルトコインで約1,400万ドル(約15億3,000万円)を保有している別のアドレスへの複数のトークンの流出が確認されている。

Hotbitサイバー攻撃のニュースを確認したユーザーの中には、出口詐欺ではないかと考えるユーザーの声も聞こえている。これは、前日当NEXTMONEYの特集記事「トルコの仮想通貨取引所Thodex、出口詐欺か:創設者は国外へ」、「トルコ当局、仮想通貨取引所Thodexの仮想通貨詐欺疑いで16人の逮捕状を請求」のニュースが世界の仮想通貨市場に駆け巡ったばかりのため、不安視する声が上がっているとみられる。

Hotbitは現在、サイトの回復に関連する最新情報を毎日提供しています。

トルコの仮想通貨取引所Thodex、出口詐欺か:創設者は国外へ

2021.04.23

トルコ当局、仮想通貨取引所Thodexの仮想通貨詐欺疑いで16人の逮捕状を請求

2021.04.23

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。