仮想通貨取引所コインベース、BANDトークンの取り扱い開始

仮想通貨取引所コインベース、BANDトークンの取り扱い開始

米国の大手仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)は19日、同プラットフォームCoinbase.comと、Coinbase Androidおよび、iOSアプリでBand Protocol(BAND)の取り扱いを開始した。

現在、ERC-20上のBANDトークンのみがサポートされており、コインベースユーザーは、BANDトークンの購入や販売、変換、送信、受信、保存が可能となっている。BAND取り扱いの対象ユーザーは、ニューヨーク州を除く全てのコインベースサポート地域で利用可能だ。

またBANDトークンは先日、コインベースが発表した18の上場検討リストに含まれており、それが実現した形になる。現時点で、一般投資家向けの取引所はもちろん、機関投資家向けプラットフォームのCoinbase Proでの取引や、Coinbase Custody(カスディサービス)でもサポートされている。

先週には 、仮想通貨取引所Huobi(フォビ)にBANDトークンが上場。同取引所にてBANDトークン取引が8月10日に開始されており、取引ペアとしてHuobiはBAND /米国ドル、BAND / BTCおよびBAND / ETH取引ペアをサポートされている。

Band Protocol(BAND)は、スマートコントラクトを統合するために実際のデータとAPIを収集する分散型クロスチェーンデータオラクルである。仮想通貨BANDは最近価格を急騰しており、7月10日頃には1.6ドル台を推移していたが、8月10日午前8時頃には15.1ドルと1ヶ月で10倍近く上昇している期待の通貨だ。また、コインマーケットキャップの時価総額ランクではで43位と急浮上しており、今後ますますその価値を高めていく通貨の一つだと考えられる。

仮想通貨取引所Huobi、BANDトークンを上場

2020.08.11

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。