BlockFi、正式に新しいビットコイントラストを稼働

BlockFiがビットコイントラストを稼働

BlockFiが新しいビットコイントラストで稼働した事を2月9日(火曜日)に発表した。

NEXTMONEYの特集記事「BlockFi、SECにビットコイントラストの登録フォーム提出」で報じていた様に、BlockFiは1月29日付で、SEC(米国証券取引委員会)にビットコイントラスト登録フォームを提出。火曜日のローンチで、BlockFiのビットコインに焦点を当てたビットコイントラストは、仮想通貨の世界と機関投資家をつなぐことを目的としており、次のように述べている。

本信託は私募により株式を発行します。本信託の投資目的は、本信託が保有するBTCの価値から本信託の費用およびその他の負債を差し引いたものを株式の価値に反映させることです。信託株式は、近い将来、グローバルな機関やその他の適格投資家が利用できるようになり、その後、この適格性は、米国の認定個人投資家を含むように拡大されます。

信託に関連するビットコインの保管は、投資大手のフィデリティインベストメンツの仮想通貨に焦点を当てた部門であるフィデリティデジタルアセットが保有する。Coin Metricsは、Grant Thornton LLPが監査人として機能し、信頼のインデックスと価格データを提出するとのことだ。同ビットコイントラストのスポンサーであり、BlockFiの子会社であるBlockFi Managementは、火曜日の声明に従って、1.75%のスポンサー料金を請求するとしてBlockFiのザック・プリンス(Zac Prince)CEO(最高経営責任者)は記者会見で次のように語った。

ここ数カ月の機関投資家の活動のレベルと新しいプロ級の投資ビークルの需要を考えると、BlockFiビットコイントラストのタイミングは理想的です。私たちはこの車両の利用可能性を小売仲介業者に拡大するために取り組んでいるので、この製品はデジタル資産へのより大きな投資を促進することを期待しています。

また、BlockFiのエフゲニー・フェルドマン(YevgeniyFeldman)機関投資家サービス担当副社長は次のように語っている。

この商品の信頼構造は投資家にとって有益であり、初期市場でのアクセスを改善する上で重要な役割を果たすと信じています。BlockFiビットコイントラストは、デジタル資産への投資に対する一般の人々からの急速に高まる要求に、より簡単に対応でき、トラストの保有をフィデリティデジタルアセットに保管するという私たちの決定は、株主に投資の安全性に安心感を与えるのに役立ちます。

BlockFi、SECにビットコイントラストの登録フォーム提出

2021.02.01

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。