アメリカンエキスプレス、Rippleと提携|オーストラリアで中小企業向け融資を開始

アメリカン・エキスプレスのビジネスローンがオーストラリアで開始へ

IBS Intelligenceによると、RippleNetの主要クライアントであるアメリカンエキスプレス(AmericanExpress behemoth)は、世界中で機能するODXプラットフォームと提携し、海外に進出し、オーストラリアの中小企業にクレジット(ビジネスローン)を提供する予定である事が分かった。

デジタル貸付のためのソフトウェア分析を提供するODXグローバルプラットフォームとアメリカン・エキスプレスは、オーストラリアの中小企業に貸付を提供するための新しいサービスを開始した。アメリカン・エキスプレスの名刺所有者が最初にこれらのローンを受け取る機会を得て、2021年の前半にさらに多くのクライアントが利用可能になるとのこと。ドサービスは、無担保資本で5,000ドルから250,000ドルのローンが申請され、オンラインで提供されるとのことだ。

ODXのブライアン・ギアリー(Brian Geary)CEO(最高経営責任者)は次のように述べている。

私たちは、ビジネスの回復と成長を支援するためにアメリカン・エキスプレスと提携することに興奮しています。パンデミックの間に顧客のニーズと好みが劇的に変化したことを考えると、資金調達を活用するためのデジタルで摩擦のない体験を顧客に提供することがこれまで以上に重要になっています。私たちは、このような象徴的なブランドと協力して、オーストラリアの企業が運転資金をすぐに利用できるようにして、回復を促進することを誇りに思っています。


アメリカン・エキスプレス中小企業回復調査

アメリカン・エキスプレスによる新サービスの開始は、決済大手がアメリカン・エキスプレスSME Recovery Surveyを実施し、オーストラリアで現在ビジネスが機能している環境をよりよく理解し、アメリカン・エキスプレスが施行された新しい条件にどのように適応できるかを調査および確認した後に行われた。同調査によると、投票参加者の大多数は、3月にJobKeeperの支払いが終了すると予想されているにもかかわらず、2021年の展開について楽観的な見方をしているという。

これらの支払いは、中小企業が生き残るのを助けるために重要で、現座、企業は彼らを続けるために追加の資本を必要とするとみられている。アメリカン・エキスプレスが開始した新しいローンサービスは、オーストラリアの他のローンプロバイダーが直面している複雑な問題を解消することを目的としているとのことだ。

リップルとアメリカン・エキスプレスのパートナーシップ

2017年、アメリカン・エキスプレスと銀行大手は、Rippleと提携し、英国と米国でブロックチェーンベースの支払いを開始した。

アメリカン・エキスプレスが米国と英国の間でFX International Paymentsプラットフォーム上で行った送金は、ブロックチェーンベースのRippleNetを使用して実行され始めているとのこと。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。