コインベース元従業員、新興市場向けDeFi融資プロトコルを構築

Coinbase元従業員がDeFi融資プロトコルを構築

Coinbaseの元従業員2人が、世界の新興市場でDeFiスペースの主要ユースケースの1つである分散型融資プロトコルを構築したことが分かった。

Kindred Ventures(キンドレッド・ベンチャーズ)、Coinbase VenturesIDEO CoLab VenturesDragonflyCapitalの共同創設者であるアレックス・パック(Alex Pack)氏を含む業界関係グループから、100万ドル、約1億円を調達したGoldfinch(ゴールドフィンチ)は、マイク・ソール(Mike Sall)氏とブレイク・ウェスト(Blake West)氏の発案である。ソール氏Sallは以前、Coinbaseの製品分析責任者を務めており、ウェスト氏は仮想通貨取引所のシニアバックエンドエンジニアとして活躍していた人物である。2人は去年夏にCoinbaseを去り、Goldfinchの構築を開始している。

Goldfinch設計について

Goldfinchの設計の中心は、無担保ローンの概念で、担保に基づく貸付システムは、そもそも資金を持っていない人々を締め出しながら、資源を持っている人々を支持するというものだ。この件に関してソール氏とウェスト氏は公式ブログの中で次のように述べている。

DeFiには資本へのアクセスを変革する大きなチャンスがありますが、担保なしでローンを組むことができて初めて可能になります。それが最終的に世界中のほとんどの人々に仮想通貨の貸付を開くことになるでしょう。

このプロトコルは、2020年12月からイーサリアムのメインネットで実行されており、Goldfinchが最初のローン引受会社として機能している。 二人によるとこれまでに、Goldfinchは、新興市場を中心に、約10,000人の最終借入人に100万ドルの融資を引き受けている。

Goldfinchのプロトコルは現在、USDCステーブルコインを中心に構築されており、その中心にあるのはUSDCの流動性プールであり、貸し手はそこから引き出し、その後、USDCは現地通貨に交換され、借り手に貸し出される。貸し手はUSDCの形でプールに返済していく。USDCは預金で利回りを稼ぐ流動性プロバイダーを経由してプールに入れられると述べ、次のように語っている。

貸付事業者が利息の支払いを議定書に戻すと、すぐにすべての投資家に支払われます。

時間の経過とともに、ゴールドフィンチが分散型引受システムの基盤として機能することが目標であり、それ自体がプロトコルから利回りを獲得する手段を提供するとしており、これによって、プロトコルが引受プロセスを拡大し、コミュニティ全体で新しい貸付事業を開始できるようになるとのことだ。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。