バイナンス、1週間に2度クラッシュでトレーダーから非難殺到

Binance(バイナンス)のシステムが2度のダウン

今月、大手仮想通貨取引所Binance(バイナンス)は、一時的なメンテナンスのため取引所がダウンし、再び21日、今月2度目のシステムダウンを起こし、ユーザーからクレームが殺到している。

先日、一時的なメンテナンスのためにバイナンスが予期せずダウンした件で、同取引所のジャオ・チャンポン(Changpeng Zhao:超長鵬、※以下「CZ氏」と表記)CEO(最高経営責任者)は、APIエンドポイントに問題があると述べ、日本時間の12月21日23時頃に声明を発表した。

預金、引き出し、スポットおよび証拠金取引、P2P取引、OTCポータル取引、普通預金および償還、およびサブアカウントからの資産譲渡の完全な停止を発表しました。

先物取引は影響を受けておらず、バイナンスはユーザーに、取引再開前に、注文をキャンセルし、預金と引き出しを行い、資産を譲渡することを許可するため、日中のある時点で30分の通知を受け取ると語り、取引は4時間後の日本時間で22日午前3時に再開された。

しかし、これらの対応を行ったバイナンス側に対し、多くのユーザーにとって十分な対策ではいとかんじている。12月21日の突然のシステムダウン中、取引が終了したことによる大きな損失を訴えるため、多くのユーザーがTwitterを利用した。

トレーダーは変動する価格を利用することができず、多くのトレーダーは、取引が利用できない間に最近上場されたJUVトークンの価格が大幅に下落したため、損失を受けたことを主張している。

CZ氏は、資金とユーザーデータが損なわれていないことをユーザーに保証したが、JUVトークンの価格が30%上昇したため、ダウンタイムにより多くのユーザーがチャンスを逃す結果となった。

TwitterユーザーのRoy氏は「多くのお金を失った」と語り、それについての意見を求められている。なお、Binanceが下落したのは今回が2回目であり、取引量が多い中、12月16日に初回のクラッシュを起こしている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!