Bitfinexでハッキングされた1億ドル相当のビットコインが移動

Bitfinex(ビットフィネックス)からハッキングのBTCが移動

2016年にBitfinex(ビットフィネックス)からハッキングされ、何者かによって盗みだされた119,756ビットコイン(Bitcoin/BTC)が、停滞(アイドル)状態のウォレットから移動されたことが判明した。

ブロックチェーンデータによると、不明な仮想通貨ユーザーによってハッキングに関連付けられたウォレットから「270.97974BTC」が移動されたことが報告されており、関連づけられたウォレット「1GytseWXyzGpmHkcv9uDzkU9D8pLaGyR5x」の残高が0.001BTC未満であることを示している。また、ハッキングされたBTCは、「3MyXrfSg7JFXLa7bD6YF1GnomEr8EXYRnx」へ送信されており、このウォレットには送付されたコインのみが現在保管されている。

Dr. Kirill Kretov氏が11月30日(月曜日)にLinkedinに投稿した内容によると、5,000を超えるビットコインが14個のウォレットから移動された。これら5045.48BTCは、2016年のハッキングで盗まれて以降、これまで移動されたことはなく、ウォレットに保管された“アイドル状態”のままであった。

本日12月1日時点での盗み出されたビットコイン価値は、CoinMarketCapの調べによると、1BTC=203万8,000円前後で推移。ハッカーは、盗難が発生してからこれまでの4年間、盗まれた資金の1〜2%しか移動させておらず、98%は4年間手つかずのままである。ハッキングによって盗み出したコインのうちわずかなコインしか移動していない件について、当局がより厳しい規制を施行していることから、ハッカーらはデジタル資産ロンダリングで、困難に直面していることを示唆している可能性があると海外メディアは指摘している。

なお、ハッキング事件当時、7,200万ドルであった価値は、1BTC200万円を超えた現在、約104億円相当と評価されている。今回移動したアイドル状態のウォレットからのビットコインについては、ハッキングで盗まれて以来、回収されておらず、Bitfinex側はハッカーと接触できる人への報酬として最大4億ドルの提供を呼び掛けている。

ハッキング被害で盗まれたビットコインが移動したのは今回が初めてではない。NEXTMONEY「2016年Bitfinexハッキング事件の「約27億円相当のビットコイン」が移動」で報じたように、7つのトランザクションに分けて10月に移動していることがホエールアラート発信で判明している。2016年当時には、119,756BTCがハッキングされて以降、未知のウォレットへ移動済みの状態である事が分かっている。

さらに、「2016年にBitfinexからハッキングされた、3,503BTC(ビットコイン)が移動」でも報じているように、今年7月27日から28日には合計で3,503BTCの送金がみられたほか、2.612703 BTCから最大で476.32 BTC(約520万ドル)が複数に分けられトランザクションが実行 されていることが分かっている。

2016年Bitfinexハッキング事件の「約27億円相当のビットコイン」が移動

2020.10.08

2016年にBitfinexからハッキングされた、3,503BTC(ビットコイン)が移動

2020.07.29

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!