バイナンス、ステーブルコイン「BGBP」上場廃止を決定

バイナンス(Binance)がBGBP上場廃止へ

世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)が、イギリスポンドに1:1で裏付けされているステーブルコイン「BGBP」の上場廃止を決定したことが発表された。

BGBPの上場廃止は、バイナンスが2019年7月にステーブルを最初に上場させてから1年以上経過した本日、廃止される予定だ。同取引所はBGBPの最後の取引ペアであるBGBP/USDCについても上場廃止にするとのことだ。バイナンスの広報担当者は、BGBPはフラットバックのステーブルコインを使用した取引所の「最初の実験」であり、「概念実証」であると説明している。

うまくいったが、発行/償還プロセスはユーザーにとって最も友好的ではなかった。のため、ユーザーにより良いサービスを提供するために、BGBPを廃止し、GBPを提供する他の利用可能なフィアットオンランプにユーザーを誘導します。

実際、BGBPはバイナンスによって発行されたステーブルコインで、Paxosのステーブルコインのホワイトラベルとして誕生している。BGBPと比較し、よりスムーズな償還プロセスを持つUSDの対応するBUSDとは異なるものだ。また、BGBPの需要が不足しており、これも上場廃止要因の一つと言える。

CoinMarketCapによると、ランキングは1235位で、stablecoinの循環供給量はわずか約700,001ポンド、時価総額は95,903,655円と1億円にも満たない時価総額に留まっている。ちなみに、BUSDの循環供給は6億6200万ドルを超えています。

BGBPの上場廃止に至ったもう1つの理由として考えられる原因は、今月後半にBinanceJerseyが閉鎖されたことにも起因していると海外メディアでは報じている。フィアット(法定通貨)からクリプトへの交換は、ステーブルコインを購入するための主要なプラットフォームであった。

また、バイナンスのBGBPの発表は、イギリスによるステーブルコイン規制案に先行して行われていることも注目に値する。イギリスの財務省は、ステーブルコインについて、ライバルの支払い方法と同じ基準に規制したいと考えている。

イギリスのリシ・スナック(Rishi Sunak)首相は、ブレグジット(※EU連合から離脱)後も金融サービスのハブであり続けるための取り組みの中心に、ステーブルコインと中央銀行のCBDC(デジタル通貨)を置くことを表明。11月9日(月曜)に発表された声明で、スナック首相は、セクターのダイナミズム、開放性、競争力を強化する計画を打ち出している。これには、英国初のソブリングリーンボンド(グリーン国債)の発行が含まれ、世界で初めてTCFD(※1)を作成した国になります。
(※1)TCFDとは、2016年に金融システムの安定化を図る国際的組織、FSB(Financial Stability Board=金融安定理事会)によって設立された「気候関連財務情報開示タスクフォース(The FSB Task Force on Climate-related Financial Disclosures)」を指しています。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!