ロジャー・バー氏、BCHハードフォークに言及

ロジャー・バーがBCHハードフォーク問題に言及

11月15日に実施されたビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)のハードフォークについて、まだ多くの不確実性があるものの、Bitcoin.comのエグゼクティブチェアマンであるロジャー・バー(RogerVer)氏がある事実を指摘している。

ロジャー・バー氏はCoinDeskのインタビューに対して、仮想通貨を追加するPayPalの最近の発表について、次のように言及した。

PayPal(ペイパル)がこの種の論争の的となるハードフォークが発生する可能性があることを知っていれば、おそらく彼らはロードマップにビットコインキャッシュをまったく追加しなかっただろう。これらの論争の的となるハードフォークを持つことは本当に大きな問題で、それが終わるのを見たいのです。

フォークで知られるビットコインフォーク

アップグレードされていないノードとアップグレードされたノードが引き続き相互にトランザクションできる「ソフトフォーク」とは異なり、ハードフォークは、古いソフトウエアと互換性のないブロックチェーンに新しいルールを実装するソフトウエアアップグレードである。

開発者はハードフォークの導入について保守的な傾向があり、コードに対するこの種の変更についてコミュニティのコンセンサスが得られるよう通常は努める。一部のハードフォークは論争を呼んでおり、そのような場合、ネットワーク上の一部のノードがハードフォークを採用し、他のノードが採用しない場合、ブロックチェーンは2つの異なるバージョンに分割され、1つは古いソフトウエアを、もう1つは新しいソフトウエアを使用することになる。

BCH自体は、BTCコミュニティのグループが、ブロックサイズを大きくすることを主張したサトシ・ナカモト氏のビットコインホワイトペーパーの文字通りの解釈を提唱した後、ビットコインからハードフォークの結果誕生している。

ビットコインの最も有名なフォークとして、BCHネットワークは6カ月ごとにアップグレードされ、コミュニティがコンセンサス要件を満たせない場合、チェーン分割の可能性がある。実例として、2018年11月15日にビットコインサトシビジョン(BitcoinSV/BSV)がBCHから分岐したケースがある。

BCHハードフォークは、当初予定の15日に実行されており、すでに完了しており、ネットワーク最後の共通ブロック661,647については、Binanceプールがマイニングし、その後、Bitcoin Cash Nodeは新ルールのもとで、数ブロックのマイニングが確認された。

お金が多すぎる?

今回の資金調達アプローチは、ビットコインキャッシュブロックチェーンを実行するソフトウエアガバナンスと開発に関して、BCHコミュニティ内で大きな議論に発展した。

BCH ABCの開発者が率いるグループは、BCHがユニバーサルデジタル決済になるためには、組織的で一貫した取り組みが必要であると考えており、かつてバー氏率いるbitcoin.comで働いていたクリス・トラウトナー(Chris Troutner)氏によると、開発者はBCHネットワークから資金提供を受ける必要があると述べている。

バー氏を含む反資金調達メカニズムグループは、ソフトウエアはオープンソースプロトコルであるため、開発者は自主的にプロトコルを改善し、他の場所で財源を探す必要があると述べているのだ。バー氏はさらに一歩進んで、BCHネットワーク問題は開発者が“お金が多すぎる”ことだと述べている。

BTCがBCHから軌道に乗らなくなったのは、開発者のお金が多すぎ、開発やいじくり回しを始めたため、ネットワークに問題が発生したと思う。

バー氏は、BCHでマイニングされたブロックの約0.2%のみがビットコインABCのサポートを示していると述べ、フォークが計画どおりに行われるとは思わないと述べた。これを裏付けるかのように、14日(日曜)時点で、BCHでマイニングされた最後の1,000ブロックのうち、約80%がBCHノードのサポートを示しており、コインダンス(Coin Dance)のデータによるとビットコインABCのサポートはわずか0.3%に留まっている。

ロジャー・バー氏の議論は、PayPalのようなサービスプロバイダーは、フォークイベントを絶えず経験している仮想通貨ブロックチェーンに不満を感じる可能性があるというものだ。この種の欲求不満はすでに仮想通貨取引所で実際に起こっている。

Kraken(クラーケン)は 11月6日の投稿で早々に、「フォークの結果に関係なく」BCHNをサポートすると述べていた。

取引所は、顧客が何を望んでいるかを知ることができる立場に身を置く必要があり、マイナーのコンセンサスの種類を理解するだけでなく、開発チームの立場も理解する必要がある。そのため、彼らのサポートを維持し、BCHノードネットワークソフトウエアのみを実行することは非常に簡単な決断であるとモット氏は語っている。

2つの新しく分割された暗号通貨の価格は市場の需要と供給によって決定されるため、取引所は新しいトークンを顧客に割り当てるものであるため、重要な役割を果たす。Krakenの投稿から読み取れるもう一つの重要な意味は、取引所がどの新しいチェーンがBCHの名前をとるかを決定することもできるということである。

バー氏は、BCHがBTCよりも人気がない理由に、BTC’がハードフォークにちなんで「ビットコイン」の名前をとったためだと主張している。

CoinMarketCapの16日付の時価総額は、BTCが31,367,335,080,845円、BCHは479,905,153,562円と、大きな開きがある。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!