ロシア、仮想通貨ダッシュやモネロを追跡する新分析システムを開発

ロシアで新暗号分析システムを開発

「透明なブロックチェーン」と呼ばれる、ロシアの新暗号分析システムを開発し、同システムによって仮想通貨に関連する不正行為と戦えるように設計されることが新たに分かった

FMS(ロシア連邦金融監視サービス)によって、ビットコイン(Bitcoin/BTC)や秘匿性の高い、いわゆるプライバシーコインなどの主要仮想通貨を追跡する新仮想通貨分析ツールを開発する。同サービスは、マネーロンダリング(資金洗浄)やテロ資金調達に対抗するために開発されるロシア連邦政府のサービスであり、人工知能またはAI(人工知能)を通じて仮想通貨取引を追跡するための新分析プラットフォームの構築を計画していると伝えられた。

Transparent Blockchain(透明なブロックチェーン)と呼ばれる新システムは、デジタル金融資産の動きを追跡し、デジタル資産に関連する不正行為と戦うために仮想通貨サービスプロバイダーを特定するように設計されているとのこと。報告書によると、ビットコインのほかにも、イーサリアム(Ethereum/ETH)、オムニ(Omni/OMNI)などの主要コインや、ダッシュ(Dash/DASH)やモネロ(Monero/XMR)といった秘匿性の高いプライバシー重視の仮想通貨が関係するトランザクションに対し、“匿名性を部分的に減らす”ことが可能だという。

金融規制当局は、麻薬密売と戦うためのプロトタイプシステムの試験運用に成功しており、ロシアの主要研究所であるロシア科学アカデミーのレベデフ物理研究所と共同で開発されたとマクシムパーシ副大臣への書簡に記載されていると報告書で述べられている。

このプロジェクトはこれまで予算外でおこなわれていたが、さらなる追加資金が必要になるとのこと。透明なブロックチェーンには、2021年から2023年までの連邦予算から約7億6000万ルーブル(1,030万ドル、約11億円)が必要とのこと。新プラットフォームの対象となる顧客には、ロシアの中央銀行などの主要金融機関が含まれているとのこと。

このニュースは、ロシアが主要仮想通貨関連の法案「デジタル金融資産について」を正式に可決した直後に発行された。

2021年1月に採択される予定の新法案では、ビットコインなどの仮想通貨を支払い方法として使用することを禁じている。なお、今年8月の初めに、ロシアの議員は、Yandex、WebMoney、PayPal、Kiwiなどの主要なオンラインウォレットへの匿名の預金を禁止する「国の支払いシステムについて」という法律の新しい改正案を可決させており、およそ1千万ユーザーに影響があるとみられる。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!