ほとんどDeFiトークンが、上位500名の保有者に集中

ほとんどDeFiトークンが、上位500名の保有者に集中

DeFi Italyの共同創設者兼CryptoLabのデジタルアセット投資部門の責任者であるSimone Conti氏の分析によると、ほとんどの分散型金融(DeFi)プロジェクトのトークン供給は広く分散化されていないという。この新しい分析によると、大半のDeFiトークン供給は広く分散されておらず、最大99%が上位500のアドレスによって保持されている。

Simone Conti氏は、Defi PulseおよびEtherscanからのデータをまとめた結果、約90%のDeFiプロジェクトのトークンが上位500のアドレスによって保持されている。さらにTwitter上で共有された以下のグラフでは、供給の30%を上位5の保有者がトークンを保有し、90%が上位500の保有者がトークンを保有していることが分かる。

トップ10 DeFiプロジェクトトークン配布

Simone Contiより画像引用

DeFiプロジェクトの大多数の上位5つのアドレスは、それぞれの総供給量の30%以上を保持しているが、Conti氏はこの調査の状況について、最近のDeFiブームの前に生まれたプロジェクトは、ブーム後で立ち上げられたプロジェクトよりも広く分布する傾向があることを報告している。

その理由として、2017年末以降の仮想通貨市場は多くのトレーダーに仮想通貨を認知させる方法として、エアドロップと呼ばれる無料で大量のトークンを細かく配布する方法が蔓延したことが要因だと考えているようだ。しかし、このようなDeFiブームの中で、ユーザーは身近な情報をキャッチすることが求められるが、トークンの分布の追跡は、どのアドレスを含めるかの基準に基づいて様々なアナリストが大きく異なる数値を生成するため非常に難しい状況だ。

DTC Capital Spencer Noonの責任者は今年注目を集めたDeFiプロジェクトYearn.Finance(YFI)が、イーサリアムネットワークで最も分散されているDeFiトークンの1つであり、上位5つのアドレスが総供給の10%未満を保持していると考えている。

$ YFI:9.5%。まだ2週間しか経っていませんが、 $ YFIはすでに最も分散された DeFiプロジェクトです。

事実20202年現在、分散型金融(DeFi)製品に対する需要の急増により、イーサリアムの取引手数料の価格を引き上げられている。イーサリアムの取引手数料は、取引が実行されるたびにイーサリアムネットワークによって請求されるものであり、現在、平均イーサリアム手数料は0.4ドルに近づいており、2018年半ば以来最高である。

DeFiの需要増加で、イーサリアム取引手数料が2018年の最高値まで増加

2020.07.23

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。