「クリプトママ」ピアース氏が、米SEC委員として継続任命

ヘスター・パース氏へ2期目の任命

アメリカ上院議員は今月5日の投票で、米証券取引委員会委員(SEC)のクリプトママこと、ヘスター・パース(Hester Peirce)氏を正式に任命したことが分かった。

同氏は今回で2期目となる指名を受けるに際し、「仮想通貨を検討する際に強調されている、委員会のイノベーションに対する態度に取り組みたい」と述べている。なお、パース氏は2018年に就任し、6月初旬に2期目に正式に指名され2期目の任期は2025年に終了する。

パース氏は、ビットコインETF(ビットコイン上場投資信託)の承認を支持する声明を含め、SECが規制の明確さの観点から水を濁らせた方法について、自身の思い率直に語ったことで仮想通貨業界から喝采が送られた政策目標を引き続き前へ進めていく可能性がある。同氏のこれまでの取り組みは、主要市場での価格操作や監視共有契約の欠如に関する懸念の中で妨げられてきた。

今年2月、同氏はアメリカ国内におけるビットコインと財務省投資信託の当局の拒絶について、次のように反対意見を述べている。

これらのビットコイン取引所製品への委員会のアプローチは、革新に直面し、頑固な愚かさを明らかにするので苛立たしい

同じ月、パース氏はトークン販売を行うスタートアップのため、セーフハーバー規制案を発表している。3年間を費やしてトークンプロジェクトネットワークを開発し、分権化の道を追求する代わりに、新興企業は開示基準とSECの監視に従う必要がある。

木曜日の夜に発表された声明で、SEC議長のジェイ・クレイトンと他の委員コミッショナーのエラード・ロイスマン(Elad Roisman)氏とアルソン・ヘレン・リー(Allison Herren Lee)氏は、パース氏とクレンショー氏を以下のように、米国証券取引委員会公式homeページ上で祝福のメッセージを送った

4,500人の専任の同僚を代表して、投資家に対する長年の取り組みを称賛し、投資家を保護し、公正で秩序ある効率的な市場を維持し、資本形成を促進するというSECの重要な使命を前進させる彼らの継続的な取り組みを楽しみにしています。

上院議員の銀行委員会は水曜、共和党議員のキャロライン・クレンショー(Caroline Crenshaw)氏をSEC(証券取引委員会)のメンバーとして正式に指名し、2025年6月5日まで2期目を務める。同氏はこれまで、コーポレートガバナンス、投資管理、施行、国際規制、および自主規制組織の監督に関連する法的およびポリシー分析に焦点を当てている。

市場がビットコインに対し、強気相場を示していることから、2025年まで定着が決定している規制の明確化に焦点を当てたSECの主要提唱者の意見は、市場が過熱すると予想されるもう理由のひとつだ。

SECのクレイトン議長が米国の弁護士のオフィスに移る可能性があることから、パース氏が次期SEC議長になり、仮想通貨に対する同氏の影響力とサポートをさらに広げるとの憶測が現在市場で広まっている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!