コインチェック、世界初のステーキングサービス開始

コインチェック、世界初のステーキングサービス開始

仮想通貨取引所コインチェックは9日、仮想通貨LISK(リスク)のステーキングサービスを開始すると発表した。コインチェックによると、仮想通貨交換業社がステーキングサービスを提供するのは日本初となり、仮想通貨リスクがステーキングサービスの対象通貨となるのは世界初である。

仮想通貨リスクのステーキングサービスは最初、β版としてコインチェック上で開始される。また今回のサービスは、実証実験の一貫として開始され、コインチェックにてLSKを保有するユーザーに、ステーキングとしてコインチェックが受領した報酬を付与することになる。コインチェックはβ版のサービス提供開始について、次のように述べている。

「本サービスの提供を通じて、お客様に仮想通貨投資における新たな価値を提供するとともに、ブロックチェーンネットワークの更なる発展と、セキュリティの向上に貢献してまいります。」

リスク(Lisk/LSK)の特徴・詳細とは?

2019.01.16

コインチェックが発表した報酬の付与対象については、以下の2つの条件に当てはまるユーザーが対象となる。

  1. 対象期間にコインチェックの「取引アカウント」にて、1日あたり平均10LSK以上保有、もしくは「貸仮想通貨アカウント」にて貸出中でないLSKを1日あたり平均10LSK以上保有している。
  2. 付与実施時点で当該アカウントが通常通りご利用いただける状態となっている。

ステーキングサービスの詳細

コインチェックは提供するステーキングサービスは、コインチェックアカウントでLISKを保有しているユーザーが対象となり、コインチェックがデリケート(Liskネットワークにて、ブロックを生成・承認する代表者)へ行う投票報酬を保有量に応じて付与するものだ。

そしてコインチェックが投票したデリゲートが、コンセンサスアルゴリズム「DPoS」で構築されたLiskネットワークにて、上位101位までに選出された場合、デリゲートの報酬の一部を投票報酬としてコインチェックが受領。その後、コインチェックがLISKを保有しているユーザーに、保有量に応じてトークンを付与する。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。